音楽

好きな音楽を紹介します。




[PR]



2016年04月19日(Tue)▲ページの先頭へ
ポカリのCMがJUSTICEのDANCEを髣髴とさせる
今回のポカリのCM見ましたか?

めちゃくちゃかっこいいですね
JUSTICEのDANCEを思い出すような曲に仕上がってるんですが
演出もかなりかっこいいです。

最近のCMの中でもクオリティ高いなと思ってしまいました。



で、これに似てる曲といえば冒頭でも述べた


Justice - D.A.N.C.E.


これですね、いやすさまじく似てますけどどっちも良いです

あとはこれも似てる曲としてよくあがるやつです


Keedz - Stand on the word

久しぶりに聞いたけどやっぱりいいですね


2016年04月05日(Tue)▲ページの先頭へ
おかえり南波志帆! 新曲Good Morning Sunshineが良すぎる
「オーロラに隠れて」でブレイクするかと思いきやくすぶってしまいそこから迷走していたなぁ・・・と思う南波志帆。(個人的な感想ですよ)

大物アーティストからかわいがられてるイメージなんですが
ほんとここ最近はどうしたんだろうと心配になるような曲も出したりしてましたね。

オーロラに隠れての時よりも年齢を重ね声の魅力がさらに出てますね
力のあるアルバムが発売決定ですよこれは

これは買わざるをえないと・・・個人的には思っています。

持田香織やtofubeatsなどがの名だたるアーティストが楽曲提供していますが
何よりもスウェディッシュポップの大御所トーレ・ヨハンソンの名前まで!

すごすぎやしないか!?と思いながらも

彼女のデビュー当時にYUKI×堀込泰行の名前を見た時と同じような興奮の仕方に一抹の不安を覚えてしまいますね。

またコケるんじゃないのか・・・それだけはもう嫌だぞと

兎にも角にも要注目の1枚です






2016年03月07日(Mon)▲ページの先頭へ
リハビリマーシー / 田代まさし feat. 炎上BOYZ(D.O, 漢 a.k.a. GAMI, RYKEY)
おお。。。すごい曲がきましたよ。

2016ドラッグの話題を清原がかっさらっていったと思いきや
マーシーがMC漢とD.Oと曲出してるんですから驚きました。

最近、鎖の謎の人脈がyoutubeで話題になってますね
加藤さり(狩野英孝の元カノ)ともコラボしたり色々と目が離せません。

さてこの曲ですが、マーシーが漢の「大丈夫かぁ?」に対して「大丈夫だぁ」と懐かしいフレーズで受け答えするなかなか面白い作品に仕上がってます。

トラックは [D.O - I'm Back]ですがいつ聞いてもかっこいいです。

オリジナルでは「全てのWEEDに感謝を」ってリリックがあるだけにこっちでドラッグ反対の曲になってるところ皮肉もきいてますね。



とりあえずパンチの聞いた曲に仕上がってますが

そういえば・・・



こんな曲あったなぁ・・・と思い出してしまうような曲ですね。


最近のヒップホップはようやくトラップ系が落ち着いてきて個人的には2016あたり誰がジャジーヒップホップをガチで攻めるのかが気になってるところです。
KOHHとかが攻めるのか、マルチなchaki zuluあたりが攻めるのか・・・

なぜジャジーヒップホップなのかはよくわかりませんが個人的な予想です。


2014年12月10日(Wed)▲ページの先頭へ
フレデリック / オドループ
最近はえらくブログ更新をさぼってましたがここのところ気になるアーティストといえば



やはりフレデリックです。

ハナエも新曲「おとといおいで」が発表されたばかりですが
最近はそれ以上に気になるPVがこれです。

「フレデリック / オドループ」です。

僕個人としては真部脩一っぽい匂いも感じる出来なんですがどうなんですかね。

無表情で踊るモデルの女の子がほんと良い味だしてます。
まずはPVを5回くらい見てからイヤホンで耳だけデビューしてほしい曲です。

もうすぐ2014年も終わりですが、ゆっくりマイペースにやってくんでよろしくお願いします。
年内更新できるか微妙なので2014年、こんなブログに足を運んでくれた皆様ありがとうございました。

来年も宜しくお願い致します。


あと、ここ最近よく聞く洋楽は「Tuxedo - Do It 」です。osusumedesu




2014年09月04日(Thu)▲ページの先頭へ
くるり Liberty&Gravity
くるりの新曲がかなり素晴らしいです。

2年ぶりのアルバムに向けて期待するしかない出来栄え。

いつも通りの「くるり」の世界観は残したまま
かなりパワーアップしたなという印象。

このPVのダサさとかもかなり良しですね。


アルバムは9月17日に発売!!




ふと、キリンジ絡みのこちらのPVを思い出してしまいました。



いやぁ。。。めちゃくちゃいい。


THE PIER (初回限定盤)


2014年07月14日(Mon)▲ページの先頭へ
コカ・コーラのサマーキャンペーンCMで使われている曲
コカ・コーラのCMでサマーキャンペーンの曲が気になったんですけども
自分はてっきり、神戸の若手インディーズバンドのThe Finだと思ってたんですけど
youtubeのコメントを見るとDon’t Wake Me Up / 永野亮(APOGEE)と書いてますね。



このブログでもAPOGEE/スプリング・ストレンジャーを紹介したことはあるんですが
まぁ、言われてみればそんな声してるかなぁとも思いました。

うーん・・・APOGEEとしての変化を考えると個人的にはけっこう無しですね。

Apogeeらしさがすっかり消えちゃってて残念な限りです。

とりあえずこのコカ・コーラの曲ですが



The finのこの曲とかなりかぶってる気が・・・

うーん・・・なんだか残念でした。


2014年05月14日(Wed)▲ページの先頭へ
Jhene Aiko The Worst Clean
アフリカ系アメリカ人と日本人のハーフ ジェネイ・アイコ

姉二人もRBシンガーですね



当時RBの黄金期に突入しようという時期にすでに活動をしていたミヨコ(Miyoko Chilombo)とアキコ(Jamila Akiko Chilombo)
僕、ジェネイ・アキコは知らなかったんですが、このギャルのメンバーの妹ときいて妙に納得してしまったというか・・・

いや、姉を超える実力なんじゃ・・・とか色々思っちゃいました。

ほんとすごいねこれ





2014年04月30日(Wed)▲ページの先頭へ
90年代のジャパレゲ 浪花男「INDICA」
一言でこの時代の日本、世界がすごかった。

当時、何かの雑誌で見かけたアーティストがこの浪花男だ。
ガキンチョだった自分には彼が何を歌っているのかもつまんだ程度にしかわからなかったわけだが、この時代にあえてこの曲を聞いてみるととんでもない曲じゃないか


レゲエというものをよくわかっていなかったため当時の自分は
こんな曲よりも、ふかわりょうのレゲエの鬼太郎のがやべぇよ!なんて青臭いことを思っていたが、これはほんとすごい曲だな。

今聞くと笑ってしまうくらいにすごい。

是非いまの若い子達にも聴いてもらいたいので紹介しておこう。




もう1曲はおまけ



2014年04月25日(Fri)▲ページの先頭へ
溺れたエビの検死報告書、今年も苗場の地へ・・・
昨年、フジロックフェス2013にてルーキーステージのトリをまかされ疲れきった人々を最後に盛り上げた伝説のエビバンドがいる。

結成して7年ほどたつが、ようやく売れてきたかもしれない。
いや、時代が溺れたエビの検死報告書に追いついてきたのかもしれない。

小保方さんのSTAP問題さえなければグーグルの予測変換も「おぼ・・・」まで入力すれば溺れたエビの検死報告書と出ていたと個人的には思っているバンドだ。

このバンドの特徴はなんといってもお手製感まるだしの安っぽくもかっこいいエビの被り物だろう。
まさに包茎バンドといっても過言ではない。

そして色物っぽく見えるビジュアルからは想像もつかないくらいに土臭い音を聞かせてくれるのである。



このかっこよさ、生で聞く価値ありまくりですよ。
昨年のルーキー達を差し押さえ今年のフジロックフェスに投票一位で再登場!!

熱い!熱い!熱い!!

名前からは想像できないくらい活きてます、はねてます。
溺れていません。おすすめです


2013年12月07日(Sat)▲ページの先頭へ
DJ BAKU JapOneEraの出来が素晴らしすぎる
破壊的であり暴力的でありながらも繊細な曲を作るDJ BAKU
スクラッチでの表現手法は日本人の中でも頭一つ抜けていると個人的に思う。
それは技術的なものではなく自分というものをスクラッチで表現できているからだ
それ自体は現在よりも2005年から2009年あたりの彼の作品に感じれる曲が多いと思う
ビートなどの打ち込みにはまだ単調なものもあるため
細部まで作りこめているかどうかを問われると、まだ荒いとしか言えない曲も多くかあるがそれありきでも素晴らしいと思える曲を多く作っているDJだ。

そして、今回発表されたアルバム[JapOneEra]は今までのものと一味も二味も違うものとなっている。
彼の今までの活動、他名義での活動、他アーティストとのリンク、完全に今までのDJ BAKUのステージをあげた作品となっている。
丁寧に作った部分や荒々しさの残る打ち込みなどバランスが素晴らしいとしか言えない

静と動を同時に感じれるような内容の曲だ。

よくアップテンポな曲を作るアーティストがキャリアを積んでいき急に静かな曲を作り出したりするんだが
DJ BAKUのこれはそれとは全く違う、まだ彼が発展途上にあることを十分に感じさせてくれる素晴らしい内容のアルバムだった。




JapOneEra


2013年11月04日(Mon)▲ページの先頭へ
トーフビーツfeat森高千里/Don't Stop The Music


もはや、ただのファンが森高千里に曲を提供したといっても過言ではないくらいの仕上がり

それがトーフビーツfeat森高千里/Don't Stop The Music

歌詞の内容は割りとチープなんですけどもね、そんなことは置いといて、ただただトーフビーツの職権濫用ですよこれは森高千里を好きすぎて歌ってほしい!って曲を作ったらこれだったみたいなくらいの歌詞です。

もともと90年代や80年代の曲が好きだったぽいし良い仕上がりになってます。

勝手に私がおばさんになってものアンサーソングと思い込んで聞いてます。


2013年10月31日(Thu)▲ページの先頭へ
MiChi 『Saturday Night(MUSIC VIDEO)』がなかなか良い
プロミス発表以降、どこかぱっとしなかったんですが今回の新曲はなかなか良さげかもしれないですね。


日本語とクラブミュージックとポップの融合ってのはやはり難しいという部分もあるんですが、今回のMICHIは見事にやってくれた感じがありますね。

ちょっと一昔前のカイリー・ミノーグぽさと歌詞は全て英語ってのがよかったのか、それともサビのキャッチーな部分が良いのか

90年後期から2000年初期の音でキングストリートの時代ってこんな曲山ほどあったなぁ・・・と懐かしくなれる感じも個人的にはグッド。

いろいろなジャンルにチャレンジしていくMichiには今後も期待したいです。



カイリー・ミノーグのこの曲や


Modjoのこの曲や


エリックカッパーのこの曲なんかをちょっと思い出して懐かしくにんまり



EYES WIDE OPEN(初回生産限定盤)(DVD付)


2013年10月16日(Wed)▲ページの先頭へ
ハナエのニューシングル「JUVENILE!!!!」キター!!!
もはやファンだろおまえって言われてもしょうがないくらいハナエ大好きなんですが

今回の新曲は90年後期から2000年初期を感じさせますね。
探検ドリランドのエンディングテーマだそうです。

プロデューサーはとりあえず真部脩一で間違いない。ってくらいに真部脩一になっちゃいましたね。

今回も真部脩一らしさが散りばめられたポップでどこか哀愁のある作品となってます。

個人的には以前の作品よりもちょっとだけ。ほんとちょっとだけですけど深さを感じます。
飽きやすいよりも何度も聴けるといった感じの仕上がりですね。



プロモは変幻ジーザスには遠く及ばないんですけど、まぁかわいいですね。


JUVENILE! ! ! ! (初回限定盤)(DVD付)


2013年08月21日(Wed)▲ページの先頭へ
AUのCMが今回もまたダサい LMFAO ft. Lauren Bennett. GoonRock「Party Rock Anthem」
以前に「AUのdaft punk / one more timeが使われてるCMがださい」といった記事を書きましたが今回もこれまたダサいんですよAUさん・・・

何考えてやってんですかね。
4年も前に流行ったLMFAOの曲を使う感じもダサいんですが
もうこのCM自体がださいですね。

つか、製作者が今回も同じ人のような気がします。

そしてGOサイン出したのはただの老人なんじゃないのか!?という疑いすらもっちゃいますね。

以前のダフトパンクの件もそうなんですが、センスが異常に古いんですよね。
どの層がこれ見て携帯ほしいとか思うんですかね。

とりあえず問題作のCMですがこれですね。



なんでこんな4年も前の曲を使っちゃうんでしょうかね。
なんか、数年前からこの人の感覚が止まってるんじゃないのかと心配になっちゃいます。

さらに、youtube内のコメントでも指摘あったんですが、まさにこれなんですよね



そう、故 今敏監督の作品パプリカに似過ぎでしょ。

おまえ、感銘うけた作品全部CMで体言してますとか言うつもりなのかって本気で思います。
雰囲気も平沢進の曲の方がよっぽどあってるんですよね。

とりあえずAUのCMはここ最近連続で最低ですね。


今日いいなと思ったCMはこれ

アウディA5スポーツバック 2013.8 CM

車のCMってけっこう前のレクサスのマイア・ヒラサワのも好きだったんですがこれも良いなって思いました。


2013年07月24日(Wed)▲ページの先頭へ
真部脩一が手がけたCM
デコデーコーデーコルーテーという耳につくCMに覚えありませんか?

あれ、実は相対性理論のブレインだった真部脩一が作った曲なんです。
最近、ハナエをやたら紹介してることもあって、真部脩一が手がけたCMの一部でも紹介しようかなと思ったわけです。



最近このCM見ないですが、一時期見たら口ずさんでしまう癖になる曲でした。

次にこれ・・・
あいおいニッセイ同和損保のシロクマシリーズのCM。
これ、ボーカル実はスチャダラパーのBOSEなんですね。
そして、曲を作ったのは真部脩一と。。


以降は真部脩一とやくしまるえつこコンビのCMです。

"真部脩一が手がけたCM"...の続きを読む



2013年07月22日(Mon)▲ページの先頭へ
変幻ジーザスで考えるヴィーナスとジーザス
初回限定盤にのみDVDがついてくるみたいですが
その一部が公開されてました。

かわいすぎるだろう・・・という気持ちよりも

この「変幻ジーザス」というタイトルに何かメッセージがあるのかなとか思ったり

というのも、やくしまるえつこが2作品目に出したタイトルが「ヴィーナスとジーザス」というのもあり。

何か考えちゃいますね。



とにかくこの動画はかわいすぎでしょ。

この狙いすぎててあざといんだけども、5周くらいまわってかわいい感じは素晴らしい


恋は神聖ローマ(初回限定盤)(DVD付)


2013年07月09日(Tue)▲ページの先頭へ
ハナエ/恋は神聖ローマ またもや真部脩一プロデュース
果たしてハナエはどこに向かっているのか。
真部脩一のプロデュースで方向性は確実に良くなってきている気がします。

今回のシングルもまたも真部脩一プロデュース、恋は神聖ローマ。

タイトルと歌詞から漂う真部臭とは裏腹にかなりモダンなポップに仕上がっており
そこにハナエの声が見事にマッチングしてる良作です。



え?これ真部脩一なの?と一瞬思ったりもするような作品ですが
やっぱり、どこか真部節がありますねこれ。

この女女した感じをやらせたら敵無しですね。

個人的にはカップリング曲「変幻ジーザス」の方がじっくり聴いてみたいと思いましたね。

こっちのが相対性理論とか好きな人にはハマるかもしれません。
オフィシャルサイトで視聴可能でした。

http://hanae-web.com/2013/07/40468/

ただ、良くも悪くも真部脩一さんの作る音が洗練されてきてて少しだけ寂しく感じる今日この頃

初回限定盤には変幻ジーザスをハナエが踊ってみたというファン必見DVDが入ってるそうな。

恋は神聖ローマ(初回限定盤)(DVD付)


2013年06月21日(Fri)▲ページの先頭へ
フェンダーと契約しているアーティスト一覧
オカモトズのハマ・オカモトが米国のフェンダー社と契約
これにより、フェンダーのバックアップを全面的に受けることとなる

アジアのアーティストでは初の契約となり、偉業とも言えることです。
ということで、フェンダー社と契約しているアーティストを一部見てみましょう。

A ROCKET TO THE MOON
ANDERS OSBORNE
AVRIL LAVIGNE
ANGELINE SARIS
BRUNO MARS
BOYS LIKE GIRLS
CHARLOTTE KLAUSER
CHRIS SHIFLETT
DEAF HAVANA
DICK DALE
DOUG ARDITO / PUDDLE OF MUDD
ELVIS COSTELLO
ERIC CLAPTON
EVA GARDNER
FELIX SALINAS/ INTOCABLE
GO RADIO
GROUPLOVE
HAMA OKAMOTO
HUDSON MOORE
IRON MAIDEN
INNERPARTYSYSTEM
JEFF BECK
JIM ROOT / SLIPKNOT / STONESOUR
JOHN 5
JOHN MAYER
LIL JOE/THE DWARVES
MANCHESTER ORCHESTRA
NIK WEST
OK GO
RANCID - TIM ARMSTRONG
SONIC YOUTH
STING
T.S.O.L.
TAVISH CROWE / CARLY RAE JEPSEN
UH HUH HER
VICTOR BAILEY
WALTER GIARDINO
YAYO ~ THE BAND
YOUNG GUNS

超有名どころからマイナーなところまで・・・詳しくは掘り下げてませんが音楽性を評価されている人間も多くいます。

なぜ、ハマ・オカモトが!?と思う部分もあるかとは思いますが
OKGOが契約をしているのを見るとなんとなく納得もできますね

「ハマ・オカモトをフェンダー・ファミリーに迎えることができて、とても光栄に思います。プレイスタイルはもちろん、人間性、音楽への情熱...我々にとって、彼は魅力的なベーシストです。これからフェンダーの歴史に何を刻んでいくのか、非常に楽しみにしています。」
マシュー・ウエスタン(Fender Asia Pacific Corporation)

上記アーティストは一部なので、気になる方はこちらでどうぞ

http://www.fender.com/artists/

OK Go - Here It Goes Again


OKAMOTO'S - Sing A Song Together


2013年05月29日(Wed)▲ページの先頭へ
サンプラーを使い10歳の少女が魅せる
AKAI MPC2500、自分も保有している機材の中では群を抜いて使える機材です。

現在、PCやI PADなどいくらでも便利なものもあり、自分も遊び半分だったらやはりI PADで曲作りをしたりもしているわけですが、このAKAI MPC2500にはやはり勝ることはできないな・・・と思う部分もあるわけです。

こんなうんちく話はおいといて、10歳の少女が魅せてくれるサンプラーを使った作曲。

いたってシンプルなものですが、裏打ちでいくあたりさすがは海外と思わされます。

単純ですがかなりかっこいい曲になってます。



2013年05月01日(Wed)▲ページの先頭へ
FreeTempo 半沢武志の現在
キラキラハウスや乙女ハウスといったナンパハウスの先駆けと言えばやはりフリーテンポは外せないでしょう。

他にはi-depやスタジオアパートメントなどなどですね
別にキラキラハウスなどをバカにしてるわけではないですよ。

「ハウス」という名前が着いちゃうからハウス畑の人からのバッシングがあったのも事実ですが、2000年前半から中頃のクラブシーンをリードしたといっても過言ではない人物です。

作品はフリーテンポの半沢節とでもいえばいいのでしょうか。
良くも悪くもどれきいてもフリーテンポってわかります

当時はレコード全盛期で僕もけっこう買いましたね・・・

そんな彼がフリーテンポ名義での活動を2010年に終え、しばらく名前を聞かなかったわけですが現在フジテレビで放送中のドラマ「ラストシンデレラ」の音楽全てを担当してるそうです。

サントラの7割以上が彼の曲で、もはやフリーテンポのアルバムといっても過言ではない仕上がり。

四つ打ちではなくなってるぽいんですが、かなり期待の1枚ではないでしょうか。






2013年03月04日(Mon)▲ページの先頭へ
エリックカッパーの別名義K-Scope
エリックカッパーの別名義K-Scope

2000年後半あたりで2枚目のアルバムをリリースしたが、個人的には非常に残念な出来栄えだった。

時代の流れもあり、テックハウス自体を批判的に捉えてるわけではないが、2ndアルバムの内容はHed Kandiやパシャでレジデントを務め上げたこともあり、彼の持つ独特な土臭さは無くなっていた。

もちろん嫌いではないが、あえてK-scope名義で出した理由を問いたくなるような内容に僕はショックを受けた。
個人的にはエリックカッパー名義で出してもよかったんではないのか?と思うくらいだ。

彼の作る曲は、どの曲にもストーリーと哀愁を感じる。
これはこの名義でなかろうと言えることで、エリックカッパーというのはこういうものなんだ。これが良いんだ。

しかし、彼の2ndアルバムはあまりにもチープな楽曲が収録され、Kaskadeが作ったのか?と思えるようなポップでテックな仕上がりだし、このアルバムにがっかりした僕は昔のレコードを引っ張りだしたな。



この曲が94年にリリースされていることは、今になって凄さを認識する。
後に、これをうまくキャッチーにまとめあげトライバルビートをどぎつくしたラテンブルースも発表されるが、どちらも今聞いても彼の凄さを認識出来る曲になっている。

今、ハウスは90年代の音へと回帰している。

あえて今また聞き直してみるとやはり新鮮なものを感じる。



2013年01月24日(Thu)▲ページの先頭へ
笹川美和の都会の灯が素晴らしすぎる
数年ぶりにメジャー活動を再開した笹川美和

聴かせる曲が多く、好きだったんですが
ある日を境に全く見かけなくなったんですがエイベックスとの契約が切れていたみたいでインディーズ活動をしてたそうです。

約7年ぶりにエイベックスと再契約し、発表された都会の灯

非常に素晴らしい出来です。

哀愁漂うメロディに笹川美和の声がマッチしすぎ。
マスタリングが最高なんだと思いますこれ。

もちろん笹川美和も素晴らしいんですけど、とにかく仕上がってます。

いや、ほんといい曲これ。久しぶりに日本人でいい曲だなと思えたかも。




2012年12月07日(Fri)▲ページの先頭へ
SEGA ナイツの曲 NiGHTS into Dreams...(1996)」/ DREAMS DREAMS
1996年ゲームハードの高度成長期の中生まれたソニックチームの代表作とも呼べる一つのゲーム、ナイツ

夢の世界「ナイトピア」で奪われてしまったイデアを取り戻し「ナイトメア」を倒す
世界観も素晴らしかったわけですが

今年2012年10月にPS3とXBOXでDL販売がスタート
HD化され映像も綺麗になりファンとしては嬉しい限り

つまり・・・この曲がまたテレビを通して聴くことが可能なんですよ
こればっかりはナイツの映像を見ながら聴かないと話になりませんね





2012年11月16日(Fri)▲ページの先頭へ
docomo 水原希子の出ているCMに使われている曲
ドコモAscend(HW-01E)の曲が素晴らしすぎるということで調べたところ
シアトル育ちの日本人KISHI BASHIさんという方の曲だそうですが

どうにもこうにもオリジナルということで全部は聴けなくて残念でしたね。




ここから盛り上がるんだろ!?というところで切れるという
ドコモのくせにやってくれる・・・

最近「151a」読み方は一期一会というアルバムをリリースしたばかりだそうで
サイトで聴くことも可能でした。

一気にファンになりそうです




151a


2012年10月28日(Sun)▲ページの先頭へ
イエローハットのCMが素晴らしい
伊藤梨沙子 相楽樹 黒田有彩の3人が出演している
イエローハットのCMがかなり仕上がっている。

なんだろうこのダサかっこいい世界観
電気グルーヴの少年ヤングを彷彿させるような
どこか古臭い感じが素晴らしい。

もちろん、音楽の出来は雲泥の差があると思うが
なんだろうか、この切なくなるが素晴らしいと思えるCMは

是非見比べてほしいものだ。

イエローハットCM


電気グルーヴ/少年ヤング



VITAMIN


2012年10月19日(Fri)▲ページの先頭へ
デビュー15周年 グレープバインがベストアルバムを発表
当時の中高生の心を鷲掴みにしたバンド、グレープバイン。
あの頃はトライセラトップスに押され気味だったものの活躍していたバンドだなぁ・・・
あれから15年、このバンド未だに活動しているどころかコンスタントにアルバムも出しているのだから驚きである

あれから15年か・・・となんとも感慨深い気持ちになる。



99年色々なところで耳にしたこの曲・・・
ブリットポップっぽい音楽にこのボーカルはマッチしているのかもしれないが、やはり青臭さが拭えない楽曲。
今聴くとファンには怒られるかもしれませんがボーカルの力の無さにどこか残念な物を感じてしまう。

でも、これでいいんだろうねグレープバインは。

すごいなと心底思うよ。

さすがに今は高音がでなくなっているぽかったけど、その分声は太くなっていて
良い意味で変化していた。

純粋にこれからも頑張ってもらいたいバンドです


Best of GRAPEVINE 1997-2012 (通常盤)


2012年08月22日(Wed)▲ページの先頭へ
中田ヤスタカが16歳の時に作った曲が良い
16歳の時にヤマハの『3rd XG DATA CONTEST』での「テクニック賞」を受賞したエントリー曲だそう。
一時間以内に作曲したとかすごいなやはり・・・





2012年08月07日(Tue)▲ページの先頭へ
Miles Davis - Doo Bop
録画していたマイルス・デイビスの特集を見て
久しぶりに聴き直すと、ラップよりもマイルスのトランペットが耳に入るようになった。

自分も歳をとったんだと自覚してしまったね・・・

ヒップホップかっこいいなんて思って聴いてたのに、いつのまにかマイルスのチャレンジ精神や色々なことを考えてしまう・・・

いやなもんだね歳をとるってのは・・・




2012年06月13日(Wed)▲ページの先頭へ
注目のアーティスト「パスピエ」
最近FM802でパワープッシュされているアーティスト「パスピエ」

透き通ったウィスパーボイスと電子音、和製ポップの良さを引き出したアーティスト。

802といえば相対性理論のラブずっきゅん然り、こういったアーティストに関してだけはそこそこ良いとこを推す時がある。

このパスピエもまだまだマスタリングなど未熟な点は拭えないが
今後、どうなるかは物凄く楽しみなアーティストですね。

YUKIと相対性理論を足して2で割った感じもどこかありますが・・・

まだまだ若さ故の音のバラつきも目立ちますプロデューサー次第で全然よくなりそう。

荒削りな部分が逆に若々しくて良いのかもしれないが青臭いのが苦手な人は成熟してから聴くことをすすめます。



相対性理論が好きな人は1stアルバム「わたし開花したわ」は個人的に是非聴いてほしいです。







2011年12月20日(Tue)▲ページの先頭へ
808 State Olympic - Music Video 1990
ロンドンオリンピック開幕式の音楽監督にアンダーワールドが起用とはなんとも嬉しいニュースですね。

テクノ系でオリンピックを担当したのってほかに誰かいたっけ・・・

なんて調べていると808STATEもマンチェスターオリンピックの時にやってるみたいですね。

そしてその音楽を聞いてみるとめちゃくちゃよかったです




1 2 3 4    全115件











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年6月
       
27 28 29 30  

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:124
昨日:163
累計:1,779,742