予告

theater7 -シアター7ーについて




[PR]



2013年03月08日(Fri)▲ページの先頭へ
3月23日第3回バズーカ高校生ラップ選手権がやばそうだぞ
BSでやってる高校生ラップバトルや色々な企画をしてるバズーカなんですが
いい具合に力が抜けてて出場者はガチみたいな独特の空気でかなり面白いんですが

この企画がついにイベントになるそうな・・・

第一


第二


まだ若いので言葉の重みに若干の疑問を感じる場所もあるかもしれませんが
彼らの魅せるリリックは時にしびれさせてくれます。

その企画が3月23日リキッドルームでイベントやっちゃうとか・・・

なんだろう・・・みんなソフトドリンク飲んでるんだろうなと思うとかわいいんですけど

アナーキーや鎮座ドープネスもゲストで来るっぽいし相当面白そうです。

個人的にはR指定呼べよとか思うんですが、それでも楽しみです。



2011年04月15日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 スーパー8
まもなく日本でも公開の始まるJ・J・エイブラムスの作品「スーパー8」

とにかく興味を持たせるという意味ではCMを作った人のセンスに脱帽してしまうほど面白そうに思えてしまう。

一応、ストーリー制作とプロデューサーにはスピルバーグも参加しているものの
日本国内ではどうにもJ・J・エイブラムスよりもスピルバーグの名前を押し出している気がする。

この作品自体はスピルバーグの70・80年代のSF映画にオマージュを捧げた作品でもあるそうだ。

今回の作品のCMだけ見て思ったのは非常にクローバーフィールドに近いCMだなと思ったことくらいだ。

そもそも、JJエイブラムスの作品は個人的にはどっちでもないくらいの作品が多い気がする。

何か、今回も期待しすぎてしまい、痛い目を見そうな予感が・・・

果たしてどうなるのか。





2010年11月30日(Tue)▲ページの先頭へ
映画 トロン:レガシー
最近、映画の情報をあまり書いてませんでしたが、かなり楽しみな作品が公開間近となったので紹介します。

映画タイトルは「トロン:レガシー」

82年に公開された時に誰が2010年に続編が公開されると予想できただろうか。
当時、ディズニーらしくないとも言われるSFアドベンチャー作品だったが
18年の時を経て、洗練されたCGで12月17日に公開となる。

ストーリー自体は単純明快、わかりやすくなっているみたいだけども、キャストが豪華でたまらない。

まず、父親役に前作での主人公を演じたジェフ・ブリッジス。
そしてエラゴンで話題になったギャレット・ヘドランドが主演の息子役を演じる。

他に前作からバビロン5でお馴染みのブルース・ボックスライトナーが!!
この人間、前作ではトロンとアランの二役をこなしてたんですけども、どうも今回はアラン役のみっぽいですね。

ヒロイン役にはオリヴィア・ワイルド・・・大丈夫か・・という心配しかないですけども

さらにさらに、音楽を担当するのはダフト・パンクです。
テクノ・エレクトロの重鎮が未来のサイバー空間を音楽で華やかに彩ること間違いなし。

こんなの期待しかできない!!

"映画 トロン:レガシー"...の続きを読む



2010年08月03日(Tue)▲ページの先頭へ
ありえないまでの豪華メンツの映画「エクスペンダブルズ」
シルベスター・スタローンが主演を努め
そこに主演級のアクションスターがさらに名を連ねる映画

それが「エクスペンダブルズ」です。

まず、掴みのために出演者を書いておきますと
・ジェイソン・ステイサム
・ジェット・リー
・ドルフ・ラングレン
・ミッキー・ローク
・ブルース・ウィリス
・アーノルド・シュワルツェネッガー

"ありえないまでの豪華メンツの映画「エクスペンダブルズ」"...の続きを読む



2010年02月24日(Wed)▲ページの先頭へ
映画 - 隣の家の少女
アメリカで実際に起こった事件に基づいた
ジャック・ケッチャム原作の「隣の家の少女」がついに映画化。

最初に書いておきますが、私は間違いなく見ません。

確かに事実を知る上で見たほうがいいのかもしれませんが、それでもやはり見たくないですね。

"映画 - 隣の家の少女"...の続きを読む



2008年12月15日(Mon)▲ページの先頭へ
映画 ターミネーター4の予告動画
映画 ターミネーター4

まだ、全貌の見えないターミネーター4の予告動画です。
見てもあまりわからない段階でした

"映画 ターミネーター4の予告動画"...の続きを読む



2008年12月12日(Fri)▲ページの先頭へ
実写版『ドラゴンボール』ついに本日予告編公開!悟空がさけぶ「かめはめ波ー!」
つい先日、正式な映画の場面写真が公開されたばかりの実写版映画『ドラゴンボール』の予告編が本日昼ごろ、劇場での予告編解禁を前にネットで正式に公開されることになった。

これが公式動画でしょうか

いや、もう見るしかないでしょ・・・

"実写版『ドラゴンボール』ついに本日予告編公開!悟空がさけぶ「かめはめ波ー!」"...の続きを読む



2008年11月29日(Sat)▲ページの先頭へ
映画 TOKYO JOE-マフィアを売った男
“東京ジョー”逮捕に執念を燃やした元FBI特別捜査官エレイン・スミスが語る、アメリカ犯罪史上ただ一人の日系人マフィアの知られざる生涯。そして、FBIによる周到なシカゴ・マフィア壊滅作戦の全貌。ギャング映画や犯罪小説よりも遥かにスリリングでドラマチックな、驚くべき真実の数々に、映画史上はじめてカメラが迫った衝撃のクライム・ドキュメンタリー。

"映画 TOKYO JOE-マフィアを売った男"...の続きを読む



2008年11月21日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 トロピック・サンダー/史上最低の作戦
今年46歳のトム・クルーズが、丸ぼうずでちょっとメタボぎみな姿で激しく踊りまくっている映像が公開され、ネットは話題騒然となっている。

"映画 トロピック・サンダー/史上最低の作戦"...の続きを読む



2008年11月20日(Thu)▲ページの先頭へ
映画 『さくらんぼ 母ときた道』
あらすじ・・・
豊かな自然と棚田の風景が美しい雲南省の小さな農村。知的障害を持つインタウは、足の不自由なグォワンと結婚した。暮らしは貧しく、肩を寄せ合いながら暮らしていたが、ある夜、些細なことでインタウに腹を立てたグォワンは、彼女を家から追い出してしまう。暗い夜道を彷徨い歩くインタウは泣いている捨て子を見つけた。家に連れて帰った赤ん坊は、ホンホンと名付けられ、やがて成長した彼女は、小学校に通うようになる…。

"映画 『さくらんぼ 母ときた道』"...の続きを読む



2008年10月15日(Wed)▲ページの先頭へ
映画 『カイジ』
あの人気賭博漫画のカイジがついに実写化の様です。

2009年夏ごろに放映予定とのこと

[キャスト]

監督:佐藤東弥
カイジ役:藤原竜也


エキストラ募集


2008年09月24日(Wed)▲ページの先頭へ
映画 『最後のラブストーリー』
夫は浮気をして家から出て行き、思春期の子どもたちは反抗ばかり。
幸せな結婚を夢見て、アーティストになる夢を捨てたというのに、今ではすっかり日々の暮らしに疲れ果てていたエイドリアン(ダイアン・レイン)。

"映画 『最後のラブストーリー』"...の続きを読む



2008年09月19日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 『私がクマにキレた理由』
大学を無事卒業し、親の希望通りエリートコースを進むことを夢みていたアニー・ブラドック。
ところが就職試験で「あなたのしたいことは?」という質問に答えることが出来ず公園でたたずんでいた彼女の目の前で事故にあいそうになった少年を彼女は救出する。

"映画 『私がクマにキレた理由』"...の続きを読む



2008年08月30日(Sat)▲ページの先頭へ
映画 『レッドクリフ』
すでに赤壁 続集と続編も2009年に公開予定となっている
レッドクリフ。監督がジョン・ウーだけあって斬り合いなどは華麗にさらに暴力に・・・
そんな感じになっているんでしょうか。

"映画 『レッドクリフ』"...の続きを読む



2008年08月29日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 『Never Back Down』
映画wantedのように地下ファイトの動画と思わせるような宣伝動画です
すでに公式トレーラーも出ていてどちらを見てもかっこよさそうなんですよね
格闘映画好きは必見です。

"映画 『Never Back Down』"...の続きを読む



2008年08月12日(Tue)▲ページの先頭へ
映画 『ドラゴンボール』 予告動画




公式トレーラーは中盤から流れるのですが
予告だというのに俳優ほとんど映ってません。
そこから伝わってくるのはもはや別映画。
アニメを期待して見にいくときっとショックを受ける内容になりそうですし
一つの別の映画と思いながら見にいくのが良いかもしれませんね。


2008年08月07日(Thu)▲ページの先頭へ
ティム・バートン監督版『不思議の国のアリス』にジョニー・デップ出演か?
[シネマトゥデイ映画ニュース] ティム・バートン監督作品に欠かせない役者といえばジョニー・デップだが、デップが再びバートン監督映画へ出演するかもしれない。イギリスのザ・サン紙が伝えたところによると、バートン監督とウォルト・ディズニー・ピクチャーズによって映画化されるルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」へデップが出演するかもしれないそうだ。デップの役柄は、三月ウサギの庭園で催されるお茶会に登場するいかれ帽子屋役だ。デップの出演が実現すれば、『シザーハンズ』、『エド・ウッド』、『スリーピー・ホロウ』、『ティム・バートンのコープスブライド』、『チャーリーとチョコレート工場』、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』に続く、バートン監督との7度目タッグとなる。

 本作は、『ベオウルフ』のようにモーションキャプチャー・アニメーションと実写を融合させて3D映画化するもので、主人公のアリス役にはオーストラリア出身の若手女優ミア・ワシコウスカが出演交渉中だ。脚本は『ライオン・キング』のリンダ・ウールヴァートンが手掛け、撮影は11月から開始され、2010年夏の全米公開を予定している


[紹介]
いやはや、楽しみですが
残酷すぎる描写は少し裂けてほしい限りです。
ティムバートンに何言ってんだって感じですが


2008年07月26日(Sat)▲ページの先頭へ
映画『Street Fighter/Legend of Chun-Li』


果たしてどういったことになるんでしょうか・・・

制作サイト



[感想]
主人公が春麗での実写化。
春麗役に「スノーホワイト/白雪姫」のクリスティン・クルック(Kristin Kreuk)

"映画『Street Fighter/Legend of Chun-Li』"...の続きを読む



2008年07月18日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 「近距離恋愛」


[あらすじ]
プレイボーイのトムとロマンチストのハンナ。正反対の性格だからこそ親友でいた二人。ある日ハンナが6日間スコットランドへいくことに、その空白の6日間がトムの中でハンナの存在を確かな物へと。
帰ってくるハンナに告白を決意したトム。しかしハンナの横には婚約者を名乗るスコットランドの伯爵が・・・


[感想]
またおまえか!!!と言いたくなります。
そう魔法にかけられてでも出演のパトリック・デンプシー主演の映画です。
魔法にかけられてで苦い思いをさせられた自分としては
この映画もきっと明るく笑顔で見送るような気がしてなりません。
怖いのでネタバレは見てませんが、きっと笑顔で送り出すんですよ。
そうじゃないなら伯爵が最低キャラじゃないと笑って見れません。
なんにせよ。恋愛映画は見てて苦しくなったりするので
この映画非常に気になりますけど、きっと一人でいきます。






2008年07月17日(Thu)▲ページの先頭へ
映画『ハムナプトラ3-呪われた皇帝の秘宝』



[あらすじ]
主人公は、1作目の冒険が縁で結ばれたリックとエヴリンのオコーネル夫妻。1946年のロンドンで、幸せだがちょっぴり退屈な毎日を送っていた2人は、外務省に頼まれ、<シャングリラの眼>と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するために上海へやって来る。そこで彼らを待ち受けていたのは、両親に内緒で大学を辞め、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックスとの思いがけない再会だった。その驚きに追い打ちをかけるように、アレックスの発掘した皇帝のミイラが、2000有余年の時を超えて生き返る事件が勃発。




[紹介]
今作で監督が変わってどうなるのかと思うハムナプトラ3
トリプルXとかの監督なのでアクションシーンにはそれなりに期待が出来るのかなとか思いますけども
なんだろう・・・予告編を見るとジェットリーを出したことで中途半端なアクションを他の俳優が繰り出すのかなとか
あまり期待はできない作品。スクリーンで見るかテレビで見るか悩んでおります。











2008年06月20日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 スピードレーサー
天才的なカー・レーサーのスピード・レーサー(エミール・ハーシュ)は、メジャーなレースで不正を行なっているロイヤルトン・インダストリーズ社の秘密を知ってしまう。

"映画 スピードレーサー"...の続きを読む



2008年06月19日(Thu)▲ページの先頭へ
映画 『奇跡のシンフォニー 』
[あらすじ]
顔も名前も知らない両親と自分は、心に聞こえてくる音を通じてつながっている――。
そう固く信じる11歳のエヴァン・テイラー(フレディ・ハイモア)は、その無謀な思い込みのせいで
男子養護施設の仲間に「変人」と呼ばれ、孤独な日々を過ごしていた。

"映画 『奇跡のシンフォニー 』"...の続きを読む



2008年06月02日(Mon)▲ページの先頭へ
ラスベガスをぶっつぶせ


<映画紹介>
マサチューセッツ工科大学の数学の天才学生たちが、ラスベガスのカジノで荒稼ぎしたという実話を基にした大ベストセラーを映画化。
オスカー俳優ケヴィン・スペイシーが製作と出演を務め、監督は『キューティ・ブロンド』のロバート・ルケティックがあたる。
全米期待の若手注目株ジム・スタージェスが主演を務め、共演には『スーパーマン リターンズ』のケイト・ボスワース、『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーンらが名を連ねる。

"ラスベガスをぶっつぶせ"...の続きを読む



   











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年6月
       
27 28 29 30  

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:124
昨日:163
累計:1,779,742