theater7 -シアター7ー - 2012/04

theater7 -シアター7ーについて




[PR]



2012年04月22日(Sun)▲ページの先頭へ
吉本超合金、牛乳ファイトだと!?
もう10年くらい前、大阪では伝説とも呼ばれることのある番組があった

FUJIWARAと二丁拳銃がメインの番組、吉本超合金だ。
くだらない企画を全力でやるという若手にしか出来ないノリを全力でこなす二組とそれに呼応できる若手芸人がゲストとなった。本当にゲスな番組だ。

吉本超合金にはいくつかの名物企画があった

台本を渡されずに小芝居をするアドリブ超合金
青い鳥役にクジで選ばれた人間が捕まるまで二組の金を使いまくるという青い鳥
そして、街の一般人に牛乳を飲ませ笑わせるといった牛乳ファイトだ。



見てもらえればわかるが、本当にゲスい番組である。
しかし、このゲスさがローカルでは愛され続けた。

この企画を知っている人間がどうも最近牛乳ファイトを復活させたらしい。

動画を見てみると・・・



確かに確かに牛乳ファイトをしているではないか

ファン必見


2012年04月16日(Mon)▲ページの先頭へ
堂々の完結ミスター味っ子
※ネタバレも含みます

昔、僕が小学生のころに連載していたミスター味っ子。
一度は完結したものの、およそ15年の歳月を経てミスター味っ子2の連載が始まる。

最初はついに金に困った作者がやらかしたと思いながらこの作品を手にとった。
将太の寿司や喰いタンなどで絵がガラリと変わったこともあり、散々な酷評を受けていた本作に周りの意見同様、僕も落胆した。

しかし、読んでいくうちに自分が好きだった漫画ということもありあっさりと作品に引きこまれてしまうこととなる。

舞台はミスター味っ子から20年過ぎ陽一の子供、陽太と味皇料理会がメインとなったストーリーだ。

陽一が全く出てきたこともないキャラと結婚し子供まで儲けていることに当時は驚き、主人公も代が変ってしまっていることに不満を覚えたものだ、それくらいミスター味っ子こと味吉陽一は僕の中で最強の料理少年となっていたからだ。

それを味吉陽太とかいう思春期にも満たない小僧が追い越せるわけがないし、そんな未完成の小僧を主人公にしてどうやっていくんだ?なんて疑問すらあったが、僕の思い出は見事にぶち壊されることとなる。

料理で勝負だ!なんて攻撃的な態度で周りと料理勝負していた陽一がなんともぬるいキャラになっているではないか。家庭を顧みず世界を放浪し、日の出食堂にも戻ることもあまりなく料理勝負というような熱さも皆無に等しい彼の成長は生々しく思えるくらいに時が過ぎたことを実感させてくれた。その性格は息子の陽太がある程度引き継いではくれているが、なんでもかんでも料理勝負で決着をつけて一件落着という昔の王道パターンは今作では控えめとも言えるくらいになっていた。

これは作者が、将太の寿司や喰いタンを経て辿りついた答えなんだと思う。
破天荒だったミスター味っ子が飲食業界の厳しさや食の安全基準などを語るなど言語道断という方もいるかもしれないがこれはこれで僕は好きな部分でもある。

物語も進むにつれ過去の登場人物が色々な場面で登場するのもファンには嬉しい展開もある

物語がすすむにつれ明らかとなる味皇の存在。
味皇は記憶を失い意識も無いという大変な状況におかれているが美味い料理を出された時だけは一心不乱に料理を食べるという。さらには本当に美味しい料理を食した時だけ意識が一瞬戻るという設定。
ここに関してだけは昔の破天荒な寺沢節を感じれる。これでこそのミスター味っ子だよと僕は嬉しくなれる場所でもある。

そして二代目味皇が開催する味皇グランプリに陽一や陽太は出場することとなる

と、まぁこんな感じで物語は進んでいきます。

最終的にはハッピーエンドもハッピーエンド。亡くなったとされていた陽一の父親でもある味吉隆夫まで生きていたという展開になります。
この部分に関してはアニメ版最終回へのアンチテーゼとも受け取れる展開でもありますがそれでいいんだと思います。料理を作ってれば幸せになれる。料理人に悪い人などいない。それでいいじゃないですか漫画だもの。

この作品は本当に過去のミスター味っ子を否定するのではなく、ミスター味っ子に終止符を綺麗に打ってくれる作品です。

前作のキャラクターですらあの行動にもこんな考えがあったんだなと読者に考えさせてくれる作品でした。
それを前作への冒涜と受け止める方がいるのもわかりますが、そんな気持ちで漫画を読んでもしょうがないですからね。

僕は楽しめた作品でした。

エピローグでは陽一も祖父となり、のりこさんと隆夫も再会を果たしひ孫を抱いている絵も見れます。

これくらいやりすぎの作品でしたが、ごちそうさまでした。







2012年04月04日(Wed)▲ページの先頭へ
スタードラフト会議のメガネダンサーかりんちゃん
スタードラフト会議のダンス企画で出場していたメガネダンサーと呼ばれるダンサーかりんちゃん

今回もキレキレの動きでしたが惜しくも予選敗退

いやぁ・・・個人的には応援してたんですが残念。

紹介でフランスのダンス世界大会に出場経験ありとのことで
JUSTE DEBOUTに出てたんだ?と思い調べてみたら2年前のが・・・

この頃はまだ視力がよかったんでしょうかメガネをかけていません

現在は視力0.1らしくメガネをかけていますが、どっちもかわいいですね



2012年04月02日(Mon)▲ページの先頭へ
ハライチのストップモーションはここから
随分前に紹介した動画「Her Morning Elegance / Oren Lavie」

本日、テレビを見ていると何気に芸人のハライチがストップモーションに挑戦したとかで
全く同じことを得意気にテレビでチャレンジ

まぁ、これはパクリとかそういうレベルではないにしろ
元ネタも知らずにやらされた感が否めず、こっちを知ってる人間はきっと不快に思ったのでは・・・

ということで、もう一度紹介しときます



これが仕上がってるということ



まぁ、どれも他のストップモーションのいいとこどりしただけで微妙でした


   











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年4月
         

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)
2017年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:51
昨日:135
累計:1,833,491