theater7 -シアター7ー - 2012

theater7 -シアター7ーについて




[PR]



2012年12月18日(Tue)▲ページの先頭へ
BMXライダー 岡村旭のラップakira okamura
BMXライダーなら一度は名前を聞いたことがある
日本のBMXシーンでは欠かせないライダー岡村 旭(あきら)。

若手が力を付けてきている今、大会での結果はあまりよくなくなってきましたが、それででもシーンを牽引してるライダーだと思います。

その彼がDVDに引き続きパーツまで発売したんですね。
430のメンバーでもある彼のDVDは相当素晴らしい仕上がりとなっています。

また、何を血迷ったのかDVDには彼のラップが収録されているとか・・・
今後はライダーとしてもラッパーとしても活動していくぽいですね。

確かにDJ BAKUのイベントなどにも出演し親交もあるみたいですから、今後に期待したいところです。

ラップの内容はというと、彼のダークな部分を爆発させたなんともすごいライムになっています。個人的にはヘタウマな感じでけっこうツボです。

とにかく、30代半ばなのに熱い思いをもってるんだなーと思いましたね。

ただ、ピストシーンを思い切りディスってる部分があるんですが、あんたピストのCM出てたがな!と突っ込みたくなっちゃったりもしました。





2012年12月11日(Tue)▲ページの先頭へ
AUのdaft punk / one more timeが使われてるCMがださい
知り合いからAUのCMが超かっこいいと言われついつい見ましたけど
なんだろう・・・かっこいいんかな。ちょっと自分にはわかんなかったですが
2000年から2005年あたりにクラブ行ってた人が作ったんだろうなぁ・・・というどこか古臭さを感じました。

古臭さにも良い悪いがありますが、ちょっと悪い方の古臭さですね。
微妙に今やると恥ずかしい感じのCMの仕上がりですね。

音にあわせて光るTシャツが発売したのが確か2006年とか07年あたりですよね



それがこれですけども、このセンスにスマホを足して
なんていうか街中をクラブに・・・みたいな、手間かかってんのもわかるんですが
センスがマジで古くてちょっと残念な感じです。
挙句レコードを回すサンタクロース・・・うーんださい。


生憎、かっこいいと教えてくれた人も40間近の人なんでそこらへんにはドストライクなのかもしれないですね。

ターゲッティングとしては間違えてないのかもしれません。





うーん、なんか統一感のないやりたいこと詰めただけのCMで残念でした。


2012年12月07日(Fri)▲ページの先頭へ
SEGA ナイツの曲 NiGHTS into Dreams...(1996)」/ DREAMS DREAMS
1996年ゲームハードの高度成長期の中生まれたソニックチームの代表作とも呼べる一つのゲーム、ナイツ

夢の世界「ナイトピア」で奪われてしまったイデアを取り戻し「ナイトメア」を倒す
世界観も素晴らしかったわけですが

今年2012年10月にPS3とXBOXでDL販売がスタート
HD化され映像も綺麗になりファンとしては嬉しい限り

つまり・・・この曲がまたテレビを通して聴くことが可能なんですよ
こればっかりはナイツの映像を見ながら聴かないと話になりませんね





2012年11月16日(Fri)▲ページの先頭へ
docomo 水原希子の出ているCMに使われている曲
ドコモAscend(HW-01E)の曲が素晴らしすぎるということで調べたところ
シアトル育ちの日本人KISHI BASHIさんという方の曲だそうですが

どうにもこうにもオリジナルということで全部は聴けなくて残念でしたね。




ここから盛り上がるんだろ!?というところで切れるという
ドコモのくせにやってくれる・・・

最近「151a」読み方は一期一会というアルバムをリリースしたばかりだそうで
サイトで聴くことも可能でした。

一気にファンになりそうです




151a


2012年11月04日(Sun)▲ページの先頭へ
キッズダンスの在り方


この動画を見てなんとなく疑問に思うところが色々とあったな・・・
このブログでもダンス動画をいくつも紹介してきているけど
中にはキッズダンスもある。つい最近も紹介したところだ。

最近では中学校の体育の授業にもヒップホップのダンスが必修科目となっていたり
体を動かして表現するということはとても大事との主張から疑問に思えるものが始まった。

自分はもうおっさんだし、自分の時代は早い奴は小5で勝手にダンスを始めたりしてた奴もいたが、やはり自分も含めて、そいつも決して優等生ではない
どちらかといえばはみ出し者というカテゴリに属する人間だった。

学校が終わるとラジカセを持って近くの大きなガラスばりの店の前などで練習をしたりした。
自分は中学1年からハウスを数年したが結局は大きな大会に出ることもなくDJにうつってしまったわけなのでダンスのシーンというのは90年代で止まっている部分もある。

いや、しかし小学生が腰振って踊ってるのを保護者がワーキャー言いながら見てたりするのは本当に疑問でしかない。

そんな胸張れるようなことじゃねーよと真剣に思ったりも・・・
なんだろうなぁ・・・土臭くないから好かないのかな・・・

よくわからんがすごく複雑な気持ちになった動画でした。



2012年10月28日(Sun)▲ページの先頭へ
イエローハットのCMが素晴らしい
伊藤梨沙子 相楽樹 黒田有彩の3人が出演している
イエローハットのCMがかなり仕上がっている。

なんだろうこのダサかっこいい世界観
電気グルーヴの少年ヤングを彷彿させるような
どこか古臭い感じが素晴らしい。

もちろん、音楽の出来は雲泥の差があると思うが
なんだろうか、この切なくなるが素晴らしいと思えるCMは

是非見比べてほしいものだ。

イエローハットCM


電気グルーヴ/少年ヤング



VITAMIN


2012年10月20日(Sat)▲ページの先頭へ
注目のキッズダンサー 大阪MAO
最近のキッズダンサーの実力はどんどん底上げされてきており驚きます。
キッズにしかない魅力を武器にみんなほんとかわいくかっこいいダンスを見せてくれます。

本日の紹介はディスコミュージックで踊るWAACK(ワック)ダンサーのMAOちゃん。

この子、年齢がいくつかわからないですが、この年齢で出せるはずのないえらくセクシーな雰囲気と、しなりをきっちり出してくれててこれぞWAACKを体現してくれてます。

バトル相手のモモカちゃんはロックダンサーですが、ちょっと相手が悪かったかなと・・・
体型なども恵まれておりほんとセクシーにダンスしててびっくりです。



2012年10月19日(Fri)▲ページの先頭へ
デビュー15周年 グレープバインがベストアルバムを発表
当時の中高生の心を鷲掴みにしたバンド、グレープバイン。
あの頃はトライセラトップスに押され気味だったものの活躍していたバンドだなぁ・・・
あれから15年、このバンド未だに活動しているどころかコンスタントにアルバムも出しているのだから驚きである

あれから15年か・・・となんとも感慨深い気持ちになる。



99年色々なところで耳にしたこの曲・・・
ブリットポップっぽい音楽にこのボーカルはマッチしているのかもしれないが、やはり青臭さが拭えない楽曲。
今聴くとファンには怒られるかもしれませんがボーカルの力の無さにどこか残念な物を感じてしまう。

でも、これでいいんだろうねグレープバインは。

すごいなと心底思うよ。

さすがに今は高音がでなくなっているぽかったけど、その分声は太くなっていて
良い意味で変化していた。

純粋にこれからも頑張ってもらいたいバンドです


Best of GRAPEVINE 1997-2012 (通常盤)


2012年09月30日(Sun)▲ページの先頭へ
口腔洗浄器で口内を洗う 〜ドルツ・ジェットウォッシャーのレビュー〜
ちょっと前に買ったドルツのジェットウォッシャーなんですが

まぁ、悪くない感じです。

歯科医などからはこういった口腔洗浄器ってのはあまりオススメはされていないんですが
個人的にはけっこうおすすめです。

歯科医がおすすめしない理由としては、やはりこれだけで歯を磨くことは出来ないから。につきます。

実際、歯を磨くという意味ではこの口腔洗浄器というのはあまり使い勝手はよくありません。
あくまでも歯磨きと一緒に使うという意味でおすすめします。

歯周ポケットと呼ばれる歯茎の溝のゴミくらいなら取ることも出来るかもしれませんが、もしそういった掃除を目的としての購入を考えるのでしたら超音波歯ブラシのほうが間違いなくおすすめです。

なら、このジェットウォッシャーなるものはどういう使い方をするんだって話なんですが、歯と歯の間のゴミなどはこちらの方が取れる気がします。

また、奥歯につまっているゴミなどに関してもこちらのほうが超音波歯ブラシよりも取れているという気がします。

古くなった歯石などには効果は見いだせないので、食後のあとに使うものとして考えてもらえればと思います。

水を補充するのが面倒なことや場所を取るということでも多少の不便はありますが
口の奥を磨くのが苦手な人には本当におすすめです。

自分はドルツとブラウンの口腔洗浄器をもっています
↓ブラウンオキシジェット

[画像クリックで詳細ページ]

ブラウンのほうはドルツに比べて水の勢いが若干弱い気がしますが
ドルツの勢いがくすぐったく感じることもあるので使用頻度としてはこっちのほうが高め。
歯間に使うというよりは口内を洗浄するという感じがするので好き。
これを使ったあとに歯を磨く感じです。




ドルツ・ジェットウォッシャー

[画像クリックで詳細ページ]

とにかく水の勢いが強く、効果があるんじゃないの?!と思ってしまう。
実際、歯科医と話すと全くとはいわないけど、効果ないよとか言われてしまう。

歯茎のマッサージという意味ではブラウンよりドルツのほうが良さ気。


とにかく、口臭が気になるので購入したわけですが、そこそこ効果があります。
寝る前にやると気持ちよく寝れますね。

あと、虫歯がある人は冷水でやらないほうがいいですよ。


2012年09月20日(Thu)▲ページの先頭へ
フットワーク ダンスバトル
まだ日本ではそこまで浸透しているわけではないですが

じわじわと浸透してきていますね。

フットワークのダンスバトルです。
今のところ洗練されていない感じが逆に良いのかもしれません。

誰でも気軽に出来るって意味ではなかなかいいダンスなのかなとも思えます。







2012年09月06日(Thu)▲ページの先頭へ
HOUSEのステップのレクチャー動画
ダンス初心者はもちろんのこと

上級者が見てもきっと楽しめるであろう

昔ながらのハウスのステップ解説動画です。

二人の黒人がビートにあわせて色々とゆるーく教えてくれます。

渋い・・・渋すぎる



2012年09月03日(Mon)▲ページの先頭へ
ドライブレコーダーの動画は提出すべきかしないべきか
まず、ドライブレコーダーって必要なの?

なんて思うことがちょくちょくありますよね。

確かに、事故の時なんかに相手が適当なことを言ったせいでどうにもならないなんて考えると怖いしドライブレコーダー付けよう!と思うのは当たり前ですが

こちらが動画をわけあって見せたくない場合もあるだけに、付けるか迷う・・・という人も少なくありません。

しかし、ドライブレコーダーの装着は義務付けられてませんので、動画の提出は任意です。

なので、警察から動画提出を要求されることはあまり無いと考えて大丈夫です。

気軽に付けて大丈夫です。

では、ドライブレコーダーをつけてたおかげで助かった事例を見てみましょう。
海外の当たり屋の動画です。

そして当たり屋が狙った車にのっていたのは・・・警官だったそうです・・・



これはまぬけな動画ですが、こういった時に相手がゴネて面倒なことを防げるのがドライブレコーダーです。

とりあえず、ちょいと値段しますが安いものだと3000円を切る価格でドライブレコーダーは購入可能です。

あまりにも安すぎて色々と不便もあるのでおすすめするのは
こちら↓


これです広角120度 常時録画型 ドライブレコーダー RDV-DRSD1


2012年08月27日(Mon)▲ページの先頭へ
男女気にせずダンスバトル 素晴らしきダンスバトル
技術的なものよりもフィーリングやグルーヴを感じるダンスバトル

性別気にせずバトルできるのもダンスの魅力です。

ほんとにかっこいい。

あえてのこの選曲も素晴らしいとしか言えない




2012年08月22日(Wed)▲ページの先頭へ
中田ヤスタカが16歳の時に作った曲が良い
16歳の時にヤマハの『3rd XG DATA CONTEST』での「テクニック賞」を受賞したエントリー曲だそう。
一時間以内に作曲したとかすごいなやはり・・・





2012年08月10日(Fri)▲ページの先頭へ
素晴らしきダンスバトル動画
個人ダンスバトルもおもしろいんですが

クルーごとの対抗バトルってのもやっぱり面白いんですよね

個々の技はもちろんのこと、統率力なども重要になってくるし
ほんと、この動画は2012のダンスバトル動画の中でかなり上位です。

すっげー楽しそう



2012年08月07日(Tue)▲ページの先頭へ
Miles Davis - Doo Bop
録画していたマイルス・デイビスの特集を見て
久しぶりに聴き直すと、ラップよりもマイルスのトランペットが耳に入るようになった。

自分も歳をとったんだと自覚してしまったね・・・

ヒップホップかっこいいなんて思って聴いてたのに、いつのまにかマイルスのチャレンジ精神や色々なことを考えてしまう・・・

いやなもんだね歳をとるってのは・・・




2012年07月28日(Sat)▲ページの先頭へ
夢の共演坂見政治、パパイヤ鈴木vsテディ団 
鈴木紗理奈が開始早々出てくるのはご愛嬌。

このヌルい感じのダンスバトル番組ではあるものの
この回のダンスバトルはほんと楽しめます。

特に後半の、坂見誠二のダンスは必見。
キレはなくなってる、大したこともやってない。

そんなのどうだっていいんです、彼のダンスへの愛がよくわかるはずです。

そして、その後のパパイヤ鈴木vsテディ団のバトル。
これも必見ですね。

そういや、テディ団って今ソウルファクトリーにはきっちり参加してるのかしら
ジャニスにイベントが移動してから全く行かなくなっただけに見に行ってみたいな・・・








テディ団の凄さは

これでどうぞ。

いや、ダンスの凄さというより、この時代を支えたことがスゴイんです


2012年07月17日(Tue)▲ページの先頭へ
鉄拳タッグ2 家庭用の動画
えぇぇ・・・

PS3の家庭用版のプラクティスコンボ動画。

これ、バンナムが作った動画なんですがコンボの難易度がけっこう高いのまであってわけわかりません。

こんなのどうするんだろう・・・

いや、見てて面白いけど、これは正直、新規の子達にはハードル高すぎるし
凄さもわかりづらいのもいくつかあるし、なんていうかバンナム血迷ったのか・・・









2012年06月15日(Fri)▲ページの先頭へ
CANDY CANDYのダンサー
きゃりーぱみゅぱみゅのCANDYCANDY

きゃりーぱみゅぱみゅ candycandy


中盤で出てくるダンサーがかっこいいという声よく聞きます。

それもそのはず、あのダンサーはポップダンスではかなり有名な

フォーマーアクションのカイトさんですね。

以前より紹介しているジャストドゥブにも出場しており日本予選は当たり前のように優勝し、フランスへ。

赤シャツの方です。


今後の動向も要チェックです


2012年06月13日(Wed)▲ページの先頭へ
注目のアーティスト「パスピエ」
最近FM802でパワープッシュされているアーティスト「パスピエ」

透き通ったウィスパーボイスと電子音、和製ポップの良さを引き出したアーティスト。

802といえば相対性理論のラブずっきゅん然り、こういったアーティストに関してだけはそこそこ良いとこを推す時がある。

このパスピエもまだまだマスタリングなど未熟な点は拭えないが
今後、どうなるかは物凄く楽しみなアーティストですね。

YUKIと相対性理論を足して2で割った感じもどこかありますが・・・

まだまだ若さ故の音のバラつきも目立ちますプロデューサー次第で全然よくなりそう。

荒削りな部分が逆に若々しくて良いのかもしれないが青臭いのが苦手な人は成熟してから聴くことをすすめます。



相対性理論が好きな人は1stアルバム「わたし開花したわ」は個人的に是非聴いてほしいです。







2012年06月01日(Fri)▲ページの先頭へ
ブレイクダンスバトル動画
見所だけを押さえてくれた

ブレイクダンスの世界大会の動画

いや、かなりすごいです。

世界レベルの高さをまざまざと見せつけてくれます。





2012年05月15日(Tue)▲ページの先頭へ
やっぱりかっこいいハウスダンス
あいも変わらず進化しないジャンルと言われればそれまでですが

2012年のハウスのダンスバトルです。

バトル動画ですがけっこう脱力系でまったりしたバトルです。
見所は個人的に4分30秒過ぎからだと思っています。

相当かっこいいですよ。

ただ、ハウスのダンスって新しい年だからかっこいいとかではなく、過去でもかっこいいものはかっこいいという感じで古さも新しさも感じなくなってきましたね。

完成してしまったのかもしれません。








2012年04月22日(Sun)▲ページの先頭へ
吉本超合金、牛乳ファイトだと!?
もう10年くらい前、大阪では伝説とも呼ばれることのある番組があった

FUJIWARAと二丁拳銃がメインの番組、吉本超合金だ。
くだらない企画を全力でやるという若手にしか出来ないノリを全力でこなす二組とそれに呼応できる若手芸人がゲストとなった。本当にゲスな番組だ。

吉本超合金にはいくつかの名物企画があった

台本を渡されずに小芝居をするアドリブ超合金
青い鳥役にクジで選ばれた人間が捕まるまで二組の金を使いまくるという青い鳥
そして、街の一般人に牛乳を飲ませ笑わせるといった牛乳ファイトだ。



見てもらえればわかるが、本当にゲスい番組である。
しかし、このゲスさがローカルでは愛され続けた。

この企画を知っている人間がどうも最近牛乳ファイトを復活させたらしい。

動画を見てみると・・・



確かに確かに牛乳ファイトをしているではないか

ファン必見


2012年04月16日(Mon)▲ページの先頭へ
堂々の完結ミスター味っ子
※ネタバレも含みます

昔、僕が小学生のころに連載していたミスター味っ子。
一度は完結したものの、およそ15年の歳月を経てミスター味っ子2の連載が始まる。

最初はついに金に困った作者がやらかしたと思いながらこの作品を手にとった。
将太の寿司や喰いタンなどで絵がガラリと変わったこともあり、散々な酷評を受けていた本作に周りの意見同様、僕も落胆した。

しかし、読んでいくうちに自分が好きだった漫画ということもありあっさりと作品に引きこまれてしまうこととなる。

舞台はミスター味っ子から20年過ぎ陽一の子供、陽太と味皇料理会がメインとなったストーリーだ。

陽一が全く出てきたこともないキャラと結婚し子供まで儲けていることに当時は驚き、主人公も代が変ってしまっていることに不満を覚えたものだ、それくらいミスター味っ子こと味吉陽一は僕の中で最強の料理少年となっていたからだ。

それを味吉陽太とかいう思春期にも満たない小僧が追い越せるわけがないし、そんな未完成の小僧を主人公にしてどうやっていくんだ?なんて疑問すらあったが、僕の思い出は見事にぶち壊されることとなる。

料理で勝負だ!なんて攻撃的な態度で周りと料理勝負していた陽一がなんともぬるいキャラになっているではないか。家庭を顧みず世界を放浪し、日の出食堂にも戻ることもあまりなく料理勝負というような熱さも皆無に等しい彼の成長は生々しく思えるくらいに時が過ぎたことを実感させてくれた。その性格は息子の陽太がある程度引き継いではくれているが、なんでもかんでも料理勝負で決着をつけて一件落着という昔の王道パターンは今作では控えめとも言えるくらいになっていた。

これは作者が、将太の寿司や喰いタンを経て辿りついた答えなんだと思う。
破天荒だったミスター味っ子が飲食業界の厳しさや食の安全基準などを語るなど言語道断という方もいるかもしれないがこれはこれで僕は好きな部分でもある。

物語も進むにつれ過去の登場人物が色々な場面で登場するのもファンには嬉しい展開もある

物語がすすむにつれ明らかとなる味皇の存在。
味皇は記憶を失い意識も無いという大変な状況におかれているが美味い料理を出された時だけは一心不乱に料理を食べるという。さらには本当に美味しい料理を食した時だけ意識が一瞬戻るという設定。
ここに関してだけは昔の破天荒な寺沢節を感じれる。これでこそのミスター味っ子だよと僕は嬉しくなれる場所でもある。

そして二代目味皇が開催する味皇グランプリに陽一や陽太は出場することとなる

と、まぁこんな感じで物語は進んでいきます。

最終的にはハッピーエンドもハッピーエンド。亡くなったとされていた陽一の父親でもある味吉隆夫まで生きていたという展開になります。
この部分に関してはアニメ版最終回へのアンチテーゼとも受け取れる展開でもありますがそれでいいんだと思います。料理を作ってれば幸せになれる。料理人に悪い人などいない。それでいいじゃないですか漫画だもの。

この作品は本当に過去のミスター味っ子を否定するのではなく、ミスター味っ子に終止符を綺麗に打ってくれる作品です。

前作のキャラクターですらあの行動にもこんな考えがあったんだなと読者に考えさせてくれる作品でした。
それを前作への冒涜と受け止める方がいるのもわかりますが、そんな気持ちで漫画を読んでもしょうがないですからね。

僕は楽しめた作品でした。

エピローグでは陽一も祖父となり、のりこさんと隆夫も再会を果たしひ孫を抱いている絵も見れます。

これくらいやりすぎの作品でしたが、ごちそうさまでした。







2012年04月04日(Wed)▲ページの先頭へ
スタードラフト会議のメガネダンサーかりんちゃん
スタードラフト会議のダンス企画で出場していたメガネダンサーと呼ばれるダンサーかりんちゃん

今回もキレキレの動きでしたが惜しくも予選敗退

いやぁ・・・個人的には応援してたんですが残念。

紹介でフランスのダンス世界大会に出場経験ありとのことで
JUSTE DEBOUTに出てたんだ?と思い調べてみたら2年前のが・・・

この頃はまだ視力がよかったんでしょうかメガネをかけていません

現在は視力0.1らしくメガネをかけていますが、どっちもかわいいですね



2012年04月02日(Mon)▲ページの先頭へ
ハライチのストップモーションはここから
随分前に紹介した動画「Her Morning Elegance / Oren Lavie」

本日、テレビを見ていると何気に芸人のハライチがストップモーションに挑戦したとかで
全く同じことを得意気にテレビでチャレンジ

まぁ、これはパクリとかそういうレベルではないにしろ
元ネタも知らずにやらされた感が否めず、こっちを知ってる人間はきっと不快に思ったのでは・・・

ということで、もう一度紹介しときます



これが仕上がってるということ



まぁ、どれも他のストップモーションのいいとこどりしただけで微妙でした


2012年03月28日(Wed)▲ページの先頭へ
ダブステップのダンス
今ひとつ音楽ジャンルとは裏腹にダンスの方は統一性がなく
良く言えば自由度が高いのかもしれませんがどうしても、ダンスの方は浸透しないフリースタイルという感じな気が・・・

果たしてダブステップは今後どうなるのか・・・

この動画のダンスは素晴らしかったです




2012年03月26日(Mon)▲ページの先頭へ
中学生が頑張った「かっこいい日常」動画
青春を感じる・・・

いい時代なのかどうなのかはわからないが
youtubeにこういう動画をあげるためにみんなで頑張るってのも悪くないんじゃないのかと思える動画でした。

日本ではまだこういった部分で動画をアップする人間が少ないのも事実で
こういう子達がもっとおもしろいことをやってくれればなぁなんて期待をしてるのも事実です。

ただ、BGMでかぶせてるため本来の音声がない部分が残念でした








2012年03月17日(Sat)▲ページの先頭へ
JUSTE DEBOUT STEEZ 2012 結果 と 動画
先週フランスで開催されたダンスの世界大会
ハウス部門では日本からヒロシ&しゅうほうの参戦でしたが
残念なことにベスト8までしか行くことが出来ず。といってもスゴイんですがね。

そして決勝戦の動画がこれ。
BABSON & MAMSON vs SERGE & KAPELA

両チームともフランスのチームでフランスのダンスレベルの高さを改めて再確認しました。

結果はBABSON & MAMSONの優勝です。

後半の盛り上がり方とか最高です。



2012年03月02日(Fri)▲ページの先頭へ
2012 Juste Debout (ジュストゥ ドゥブ) ハウス
1月に開催されたダンスの世界大会Juste Debout

各国での代表を決めフランスで本戦となるわけですが
決勝戦がなかなかよかったので紹介

HyROSSHI & SHUHO VS SO DEEP(NAO, TAKESABURO)


海外ほどのバネは無いにしても日本もステップやしなやかさではやはりすごいです。
個人的にはALMAでもあるHyROSSHI応援なんですが、試合結果は見事にHyROSSHI&SHUHOが勝利。

すっばらしい。


1 2    全35件











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年12月
           
         

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)
2017年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:0
昨日:118
累計:1,852,167