theater7 -シアター7ー - 2010/06

theater7 -シアター7ーについて




[PR]



2010年06月30日(Wed)▲ページの先頭へ
駅の階段に滑り台をつけてみた
海外の駅の階段に滑り台を取り付けたんですが

この滑り台が駅の利用者にかなり好評だったみたいで
それを紹介した動画です。

多分、期間限定なんでしょうが、こういうのっていいですよね。
怪我の心配とかする人は滑らないが吉。

"駅の階段に滑り台をつけてみた"...の続きを読む



2010年06月25日(Fri)▲ページの先頭へ
スケボーの失敗動画
スケボーのかっこいいトリックってのはこういう失敗を積み重ねてこそのものなんでしょう。

生きているのが奇跡な動画から
かわいい転び方まで・・・

心臓の弱い方は見ないほうがいいです。
流血などはないにしろ、転びまくりの失敗動画です。

"スケボーの失敗動画"...の続きを読む



2010年06月21日(Mon)▲ページの先頭へ
『グランツーリスモ5』コンセプトムービー
今回のE3で発表されたグランツーリスモ5のコンセプトムービーだそうです。
映像は毎回すごいなと思わされるものとなっており、車体に映る背景も以前より格段と細かくなっている予感が・・・

楽しみでしょうがないですね。

発売日は2010年11月2日予定です。



2010年06月13日(Sun)▲ページの先頭へ
沢尻エリカの新曲「Treasure」
ちょっと前の記事で沢尻エリカの曲を紹介したんですが、その際にスタアパみたいな曲が好きな人は好きなんじゃないですか。と書いたのですが

この曲、スタジオアパートメントだったんですね。
恥ずかしい限りです。下調べもせずに書いてしまい申し訳ない。

さて、この曲ですが、辛口にいかせてもらうと
まぁ、歌手も曲提供の両側も全く何も変わってないのでしょう。

良く言えば一貫してるんでしょうけども
沢尻エリカがFADEを押してたのが2007年あたりだったかな。

その頃から彼女の好みは何も変わってないんでしょう。
スタジオアパートメントも一時期は迷走してましたが、結局ここに戻ってきたという感じで残念な限り。

肝心の曲はほんとどこまでいっても2000年中期のハウス/クロスオーバーと紹介されていた感じのキャッチーな四つ打ちですね。

こういう曲が嫌いではないのですが、ほんと今更だなと思います。
まぁ、冷静に考えると彼女自身「One true love」とか超好きそうですもんね(笑)
ただ、これをハウスだと言い切ってそうな彼女が簡単に想像できるのがなんだかね・・・

彼女は自分のことオシャレだとか思ってそうだけど、本当に色々な意味でださい曲を出してきましたね。

いなたくもなければ、やりきれてもいない中途半端な曲です。
この「私イングリッシュもいけるんです」感がまたださい。

でも、売れる気もする。それならそれでよかったんじゃないのかなと思いますけど
ほんと、今後はあれですかね、ダイシダンスやMAKAI当たりがリミックス出したり曲提供したりするんじゃないですか。

乙女ハウスシンガーとでもいえばいいんでしょうかね。
うーん・・・

"沢尻エリカの新曲「Treasure」"...の続きを読む



2010年06月08日(Tue)▲ページの先頭へ
みひろ映画化 「nude」
元AV女優のみひろの体験談小説「nude」が映画化ということで一部では賛否両論となっている。

確かに現在の芸能界において元AV女優という枠は今のところ空いていると思う。
今は亡き飯島愛がいたポジションで多くある枠ではない。

及川奈央がそのポジションに入るのかと思っていたが、やはりそこに落ち着くことはできなかった。

そして、飯島愛と同じ流れで小説から映画というルートを辿っているのがみひろだ。

今や志村けんのバカ殿にも出演しており、メディア露出が増えてきていること、時間帯がだんだんゴールデン枠に迫ってきていることが考えれるが、果たしてうまくいくのかどうか。

実際、飯島愛の「プラトニック・セックス」は沈黙を守り続けていた彼女が、時間をおいてから出したこともあり話題性は十分だった。

しかし、みひろの作品については出すには少し早いのでは??という疑問がある。

深夜番組のおねだりマスカットには確実に出ることもなくなったわけだが
そこから、どうなっていくのかが心配です。

小説、漫画と共に読んでみたが、ストーリーが相当チープなこと、美談が妙に多い気がするところも考えるとなんだかコケそうな気がする。

何はともあれ頑張ってもらいたいものです。


"みひろ映画化 「nude」"...の続きを読む



2010年06月03日(Thu)▲ページの先頭へ
ヴィーナスとジーザス/やくしまるえつこ
アニメ「荒川アンダー ザ ブリッジ」のOPテーマでもある
相対性理論のボーカル、やくしまるえつこのヴィーナスとジーザスを聴きました。

最近、実力をつけてきた彼女のボーカルを活かしきったサウンド。
インディーズ臭さは微塵も感じれないほどの仕上がりで、良くもあり、悪くもあるような局でした。

最近の相対性理論が好きな人は確実に好きだと思います。

"ヴィーナスとジーザス/やくしまるえつこ"...の続きを読む



   











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年6月
   
     

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)
2017年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:51
昨日:135
累計:1,833,491