theater7 -シアター7ー - 2010/05

theater7 -シアター7ーについて




[PR]



2010年05月28日(Fri)▲ページの先頭へ
鉄拳7 tekken7 発売日と通販は可能なのか
ポルトガル版Eurogamerによるとスペインのマドリッドで開かれたイベントによると
鉄拳7の開発がすでに進んでいるとのことです。

現在、アーケード、家庭用共に稼働しているのは鉄拳6BRですが
落ち着いてきた感じもあるのでそろそろだとは思ってましたが、この様子だと年末くらいに稼働があるかもしれませんね。

気になる家庭用については今までを考えると当分先になりそう。
通販予約もかかさずチェックしなければ・・・

気になるのは平八の声優、郷里大輔が亡くなっていることを考えると今回どういったことになるのか・・・

噂されていた鉄拳TAGの続編は否定され、6に続くストーリーとなるのでしょう。

ゲームシステムはバウンドがどうなっているのかが気になるところ。
個人的にはなんだかんだバウンドシステムはおもしろいのですが
別に無くなるのもありかなぁ・・・

壁システムとの相性も抜群なので無くならない気もしますが・・・

さてさて、どうなるのでしょうか。

削除されるキャラも数人いそうですね。

楽しみです。



2010年05月25日(Tue)▲ページの先頭へ
ピストの神トリック
ブームが全く落ち着かないピストシーン。

トリックの方でも有名な人が大勢出てきてますね。
BMXライダーもセカンドバイクとして購入してたりしますし、まだまだトリックシーンは盛り上がるんでしょう。

そんな中、別のシーンからの動画

サイクルフィギュアの人だと思われます。


やはり、すごいですね。

"ピストの神トリック"...の続きを読む



沢尻エリカの新曲「ERIKA」名義「Treasure」
沢尻エリカが活動を再開しファッションショーと同時に新曲の発表らしきことがあった。「ERIKA」名義の新曲「Treasure」だが、以前に「FADE」が好きだと言っていたこともあるだけにきっとそういう感じの曲なんだろうと予想。

案の定、2005年あたりによく見られた曲調の一応ハウス?のつもり?みたいな曲だった。

だが、これは日本人ライクな曲なこと間違いなしかなと思う。
当時のスタジオアパートメントなどが好きな人は食いつくこと間違いなしなんじゃ(笑

ERIKA/Treasure

上記リンクの1分過ぎからその曲が聞けるので興味のある方はどうぞ。

いかんせん、軽いビートにチープなサウンド。
古き良き時代のハウスが一番陵辱された時代の曲といっても過言ではないであろう。

キラキラハウスや乙女ハウスなどというファッキンな単語が生まれる前の曲を今更生み出したこのセンス。

時代のニーズにはけっこうあってる気がするから、やり手だな・・・と思う。

個人的には聴きやすく嫌いではないのだが、これをハウスです!なんていわれてしまうのは非常に複雑だ。

たしかに時代の流れ方を見る限り、これをハウスといってもいいのかもしれないが
自分の中でこれはハウス?ときかれたなら。声を大にして言いたい。

わかんない。と


2010年05月21日(Fri)▲ページの先頭へ
スーパーマリオ 最速クリア
世界最速の初代マリオのクリア動画。

ただただ速い。クリアまでが5分もかからない。

ピーチ姫がさらわれてから5分足らずで救出されるクッパの気持ちを考えると少し複雑なきもちに・・・

"スーパーマリオ 最速クリア"...の続きを読む



2010年05月06日(Thu)▲ページの先頭へ
映画 アリス・イン・ワンダーランドの感想
ゴールデンウィークで少し休憩が出来たので映画館に足を運び、今話題のアリス・イン・ワンダーランドを見てきました。

会場につく前にネットで席予約をしたので、後部席の真ん中、ベストポジションで観ることが出来ましたが、内容については・・・

ティム・バートン監督の手がける映画ですが、どこまでいってもこれはディズニー映画ですから残酷さもなく、子供と観ても安心な内容となっています。

ただ、内容は個人的にはあまり面白いとは思えませんでした。
映像はもちろんのこと話の運び方、展開もティム・バートンらしくテンポよく進むのですが
いかんせん、ジョニー・デップの演技が鼻につくというか・・・ファンタジー映画に彼は向いてないのかなと思えました。

スイニートッドでもタッグを組んだヘレナ・ボナム・カーターとジョニー・デップのコンビは個人的には好きなのですが、また別の映画で見たいコンビかな。

アン・ハサウェイはやっぱり綺麗で実力もあります。
アリス役のミア・ワシコウスカの放つ少女らしさもなかなかのものだったのですが
やっぱりストーリーが・・・


しかし、これはディズニー映画なのです。

そう思うとアリなのかもしれません。

キャスティングに期待して別のジャンルを思い描きながら観ると不満に思うかもしれませんね。


あと、この映画を観る前に不思議の国のアリスを見ておくと楽しめる要素もあるかもしれません。

こんなところですかね。



   











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年5月
           
         

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)
2017年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:51
昨日:135
累計:1,833,491