theater7 -シアター7ー - 2010/01

theater7 -シアター7ーについて




2010年01月26日(Tue)▲ページの先頭へ
アンジェリーナ・ジョリーが浮気?ホテルの元従業員が語る
かなり香ばしいニュースタイトルでワクワクしながら記事を確認したところ

アンジーの部屋に医師が訪れた際に、ボディーガードより先にフロアーから去らなかったという理由で解雇されたという元ホテル従業員アナ・コワルスキーさん。

まぁ、いかにも私怨な感じがしますけども、その彼が言うには

去年の7月中旬、彼女がひとりでホテルに滞在していた時期の出来事で、少なくとも2回以上、背が高くて黒髪の男性が部屋に入っていくところを目撃してるらしい。
その彼は一応、映画の中で使う通用後の教師をするためにアンジーの部屋に訪れていたそうですが

二人が去った後の部屋には水や空になったウォッカのボトルが床に散乱し、タオルは全て使用され、60本のカトレアはバラバラになって部屋中に・・・

花とキャンドルはお風呂に浮かんでいて、ベッドの上はコンドームの袋と大人なおもちゃで覆われていたとのこと。

なんともまぁ、信憑性は低いですね。証拠写真でもあれば話は別ですけども・・・

ただ、彼の発言の中に「ブラピの女性関係に対して嫉妬深いのは有名だが、それは自分がそういう人間だから・・・」という発言もありました。

確かにそれはあるけども・・・まぁ、それでも信憑性は相当低いものの

最近アンジーが「パートナーに必ずしも貞節を誓う必要はない」と発言していることを考慮すると、ゴシップの大好物てことは間違いなし。

今後どうなるのか少し気になりますね。



2010年01月25日(Mon)▲ページの先頭へ
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと - 感想 -
最近よくDVDを見ます。
ずいぶんと以前にこのブログで紹介した「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」ですが。

最近やっとDVDで見ました。

あれだけ動物モノは泣いてしまうのわかっているし、あざとく感じる部分もあるのでイヤだと思ってて見なかったわけですけども、何を思ったか見てしまいました。

まぁ、いわゆる動物と家族のふれあいモノの映画でした。

評価できる点と言えば、やっぱり去勢手術や、飼い主のマーリーへの嫌悪感など、そういった場所ですかね。
そういうのがあってこそのペットなんじゃないのかななんて個人的には思います。
綺麗事だけじゃ犬は飼えないってのを観せてるのはよかったかなと思います。

動物愛護家達が火を吹いて怒りそうな一面もあったりもして、なるほどなぁ・・・なんて感覚で見れました。
そもそも、犬もメインでありながら家族の成長も描きたいという欲張りな内容なんで
動物メインで見るものではないかも。

ほんとプチセレブが犬に家具を壊されてもめげずに家具を買い直していくくらいの映画と思って見たほうがよさそうな内容です。

オーウェン・ウィルソンとジェニファー・アニストンの歳をとっていく演技は物凄くよかったなぁ。

結末は、まぁ・・・そこまでせんでもいいんじゃないのかなと思えました。


2010年01月18日(Mon)▲ページの先頭へ
映画 アバターの感想
映画アバター、先週の土曜日に見てきました。

アバターの世界にドップリ浸かってしまい、映画を見終わったあと、現実世界を思ってしまうと欝になると、欝患者すら出てきたという宣伝文句にやられて見に行ったんですけども。

とりあえず、侵略においての描写はけっこうグロくて個人的には好きでしたよ。
もちろん、最低の悪役のやられ方にも疑問しか残らない終わり方だし、そういう後味の悪い部分での評価は僕の中では高いです。

ただ、監督がジェームズ・キャメロンというだけあって、ロボット達の細かいところまでのこだわりが逆にウザかったです。

ただ、私、3Dで見ると疲れると思ってたので2Dで見たんですよね。
これを3Dで見たらかなり良いとの声はネットでよく見るので
2Dはやめておいたほうがいいかもしれませんね。

ストーリーについては、微妙の一言。
細かい部分の設定はこれぞアメリカ!というくらいの大胆っぷりですし
結末ももちろん「えぇぇ・・・」と苦笑いしてしまうような作品でした。

ただ、私は男なので、こういうわかりやすい映画、大好きです!!

一緒に行った女の子は満足できなかったぽくて誘った自分としては気まずい限りでしたね。

男同士で見に行ったほうがいいかもしれませんね・・・


サロゲートの感想
映画、サロゲート。
年明けに飛行機の中で時間もあり見ることにしたのですが
うーん、いまひとつピンとくる映画じゃなかったというか・・・なんというか

アバター自体と若干コンセプトは似てるんですよね。

ブルース・ウィリスの演技はそりゃもちろん素晴らしいんですけど
なんだろう・・・映画館で見るほどのものじゃないかも・・・というのが個人的な感想でした。

予告編を帰国してから見たのですが予告編で見る限りおもしろそう!
というのがあるんですけども・・・

これといってすごいアクションもないし、サスペンスでもないし・・・

否定的な感想で申し訳ない限りです。





2010年01月13日(Wed)▲ページの先頭へ
バスケットボールすごいトリックシュート
バスケットボールのすごいシュートばかりを集めた動画。

以前に紹介した、かっこいい空き缶の捨て方と似てるわけですが
難易度はこちらのほうが高そうですね。

過去にDCシューズあたりもこういったCMを作ってた気がします。

こういう動画ってすごいシュートばかりでそのうち飽きてくるんですが
1回くらいは見ててもいいんじゃないでしょうか。

"バスケットボールすごいトリックシュート"...の続きを読む



2010年01月08日(Fri)▲ページの先頭へ
Ron Artis Family Band再びの紹介
ハレイワでライブを見てからドップリRon Artis Family Bandの虜です。

この曲もレッチリ風とでも言えばいいのでしょうか。
物凄くかっこいい曲です。

最初の方は語りですが、1分ほどで曲が始まります。

"Ron Artis Family Band再びの紹介"...の続きを読む



2010年01月07日(Thu)▲ページの先頭へ
映画 書道ガールズとドラマ「とめはねっ!」
さて、本日から「とめはねっ!」のドラマが始まる。
これは、河合克敏の漫画「とめはねっ! 鈴里高校書道部」から制作されたドラマで
漫画の方は現在5巻まで出ており、ストーリーはカナダ帰りの帰国子女の大江縁が舞台となる鈴里高校で部員数が足りなく廃部の危機にあった書道部の先輩たちに弱みを握られ、入部させられる。
そこから初心者には多分ディープとすらおもえるくらいの書道の漫画へとなっていく。

実際のところ書道の書き方や、書道甲子園や高校の書道部ってこういうことしてるんだ・・と思える話だったり、少し甘酸っぱい恋愛があったり・・・と河合克敏ならではのうまい見せ方で読者を不思議と惹きつける漫画だと思います。

ドラマの方は
大江 縁 - 池松壮亮
月結希 - 朝倉あき
などなど、キャスティングの紹介順を見るとなんとなくストーリーも思い浮かぶような感じとなっており、書道以外でも楽しめそうな内容になりそうですね。

本日スタートなので時間があれば見てみるのもアリかも。

また、河合克敏は静岡県の浜松出身で偶然にも
浜松映画「書道ガールズ」が監督:太田隆文で今年より制作が開始される。

今年は書道がブームになるのか・・・どうかは不明ですがどちらも注目したいところです。


2010年01月04日(Mon)▲ページの先頭へ
ハレイワの町のアーティスト RON ART IS
ハワイのハレイワの町にいくとかわいい店が並んでいるんですが

その中でも目を引くお店がここRONさんのお店、「RON ART IS」です。
店の外にはペイントされたサーフボードや車があり。
観光客の方も写真撮影をしています。

少々、入りづらい雰囲気もあるのですが、ここは勇気を振り絞って入ってみてください。
店の前に立つとRONファミリーの子供が手をふってくれたりしますのでそのまま入店すると、そこは立派なライブスペース。

jazz.soul.funk.R&Bなどブラックミュージックと深い関係にある音楽をハワイ、ノースショアのハレイワで聞くことが出来ます。

店内の写真撮影は基本禁止なので注意してください。

素晴らしいライブを見ることが出来ると思いますのでハレイワに立ち寄った際は是非!

ちなみにドラゴンアッシュの古谷さんも訪れるそうですよ。




   











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
           

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)
2017年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,415
昨日:631
累計:1,809,209