theater7 -シアター7ー - 2008/08

theater7 -シアター7ーについて




[PR]



2008年08月30日(Sat)▲ページの先頭へ
映画 『レッドクリフ』
すでに赤壁 続集と続編も2009年に公開予定となっている
レッドクリフ。監督がジョン・ウーだけあって斬り合いなどは華麗にさらに暴力に・・・
そんな感じになっているんでしょうか。

"映画 『レッドクリフ』"...の続きを読む



2008年08月29日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 『Never Back Down』
映画wantedのように地下ファイトの動画と思わせるような宣伝動画です
すでに公式トレーラーも出ていてどちらを見てもかっこよさそうなんですよね
格闘映画好きは必見です。

"映画 『Never Back Down』"...の続きを読む



お蔵入り!?実写版ドラゴンボールの噂の真相
ハリウッドで実写映画化される「ドラゴンボール」(ジェームズ・ウォン監督)について、このところ噂されていた「クオリティの問題でお蔵入りか?」との不穏な情報を吹き飛ばすかのように、劇場での予告編公開日が明らかになった。

"お蔵入り!?実写版ドラゴンボールの噂の真相"...の続きを読む



2008年08月28日(Thu)▲ページの先頭へ
映画 『GLOBAL METAL-グローバルメタル-』
前作『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』ではヘヴィメタルのルーツに迫った監督のスコット・マクフェイデンとサム・ダンは、本作『GLOBAL METAL』で新たな疑問の解明に乗り出した。

"映画 『GLOBAL METAL-グローバルメタル-』"...の続きを読む



2008年08月27日(Wed)▲ページの先頭へ
映画 『おくりびと』
あらすじ
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽快なタッチでつづる。キャストには本木雅弘、広末涼子、山崎努ら実力派がそろい、主演の本木がみせる見事な納棺技術に注目

"映画 『おくりびと』"...の続きを読む



2008年08月26日(Tue)▲ページの先頭へ
爆笑ハプニング映像集
爆笑ハプニング映像集 Part 3

爆笑ハプニング映像集ですが
痛そうな物もけっこうあります。
ただ、面白いものが多いシリーズでした。
こけっぷりがいいのとかけっこうありました。
面白動画集です。

"爆笑ハプニング映像集"...の続きを読む



2008年08月25日(Mon)▲ページの先頭へ
公開中止!?実写版ドラゴンボールお蔵入りの可能性!!!
信憑性は低いですが・・・極めて低いにはなりません。

人気コミック実写版映画の「ドラゴンボール」、未完成のままお蔵入りか?―中国
2008年8月24日、人気コミックの実写版映画「ドラゴンボール」について、未完成のままお蔵入りの噂が流れているという。捜狐網が伝えた。

"公開中止!?実写版ドラゴンボールお蔵入りの可能性!!!"...の続きを読む



映画 『闇の子供たち』
あらすじ
日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。

"映画 『闇の子供たち』"...の続きを読む



2008年08月22日(Fri)▲ページの先頭へ
映画 『ミラーズ』
[あらすじ]
同僚の捜査官を誤射して停職処分となった元警官ベン(キーファー・サザーランド)。
新たな職を探したベンは、大火事で多くの命が失われ荒廃したデパートの夜警の仕事に就くが、その建物の「鏡」が、彼と彼の家族を死に陥れようとする……。
得体の知れない「存在」と闘いながら謎に迫る衝撃のミステリー・サスペンスホラー。

"映画 『ミラーズ』"...の続きを読む



2008年08月21日(Thu)▲ページの先頭へ
うさぎのあくび
うさぎがあくびします。
すっげー変な肉付きのうさぎで
めちゃくちゃかわいいです。

"うさぎのあくび"...の続きを読む



2008年08月20日(Wed)▲ページの先頭へ
大勢の子犬に追い回される猫の動画
コーギーがかわいすぎです
猫も追い払おうとするものの
犬達のなつき具合にたじたじな様子の動画です。
ほのぼの動画ですね

"大勢の子犬に追い回される猫の動画"...の続きを読む



【感想】ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
ネタバレを含む記事となります。

見ました。第二章が見たいがために第一章を見たんですが
4人の兄弟が戦争のため疎開をした大きな家のクローゼットが
ナルニアという国につながっていたというファンタジー映画です。

基本的にはオーソドックスな作りで冒険モノの映画なんですが
4人兄弟のキャラはばっちり際立っていて
見ていて弟の性格にイライラきます。

イライラくるということは感情移入できている証拠ですし
映画としてアリなのかもしれません。

この弟は本当にダメな奴で
お菓子のために兄弟やら仲間を平気で売るんですよ
たかだかお菓子のためにですよ。

しかし、戦時中の子供が親と離れて疎開していれば
お菓子の魅力にも勝てないのかもしれません・・・

しかし・・・しかしですよ。
どう考えてもそれはダメだよ僕・・・って思えるような弟なんです。

ストーリーの展開などはライラの冒険よりも子供向けな映画で
わかりやすいです。きっと小学生が一番楽しめる映画かもしれません。
RPGの様なアイテムや展開など、子供向けと割り切って見るべき映画ですね。

ダメ出しをすればいくらでも出来る映画でもありますけど
そういう感想はあまり好きじゃないですし作り手に対しても失礼ですしね。

こうやって見ればいいとかってのはないですが
あくまでも子供向けのファンタジー映画かもしれないので
大きな期待はせずに子供心に戻って見てはいかがでしょうか。



2008年08月19日(Tue)▲ページの先頭へ
映画 『300-スリーハンドレッド』
まず、ネタバレも含む感想になります。

お盆ということもありこの映画を見たんですが
R15ということもあり惨殺シーンが目につきます。
女性には全くおすすめは出来ませんが筋肉美が好きなら
とりあえずは見る価値ありです。首だの足だの手だのがポンポン切られる映画です。

この映画はスパルタ人とペルシアの戦いを描いており
数百万のペルシア軍が攻め込んでくるのに300人のスパルタ人が戦って散っていくというストーリー。
原作はアメコミらしいですが、見たことないのでなんとも言えません。

なんでしょうか。ゲームの三国無双とか登場人物は実在なんだけど
ストーリーはそこまで忠実じゃないようなゲームをそのまま映画にした感じで
プレイヤーはスパルタ人を選んで進んでいくくらいのノリの映画で
歴史好きが見る映画よりは三国無双などのゲームが好きな人や
ヒーローモノの映画が好きだったり、北斗の拳とか好きな人が見ると丁度いいのではというくらいの適当な内容だった気がします。

けっこう調べていくと歴史とは全然違うだの。批判的な意見を見かけますけど
僕みたいにこれを見て本当なのか?と気になって調べる人も多いでしょうし
興味を持つにはいいキッカケになった映画ではありますが
ほんと、鵜呑みにしてはダメですよ。という映画でした。

映画として見るなら映像はうまく見せているし、展開もそれなりにテンポよく進むし
ショッキング映像の部分もスイニートッドなどに比べればどこかリアルじゃない映像なんで見やすいとは思います。
このショッキング映像が見やすいという部分においては賛否両論かとは思います。
PTAだかGTAだかわからないゲームなども問題になる中でリアルでない映像というのは危険なのかもしれませんしね。

なんにせよ、僕は嫌いではない映画でしたね。

ただ、DVD買ったりしてまでは見ない映画でもあります。





2008年08月18日(Mon)▲ページの先頭へ
映画 『ロードオブドッグタウン』
また映画ロードオブドッグタウンを見て思ったこと

先日ドラゴンキングダムを見て残念に思ったことがいくつもありましたが
マイケル・アンガラーノの演技は素晴らしいということ
ドラゴンキングダムでもその演技の魅力を発揮してましたが
このマイケル・アンガラーノはいじめられる役が異常にうまい。
弱々しい演技をさせれば本当にうまいと思います。

ロードオブドッグタウンではシドという主役の3人ではないのですが
非常に重要な役を演じてます。

他には24やERのテレビドラマにも出演してますね。

この作品では脳腫瘍で最後は亡くなる役なんですが
そこにいたるまでの彼の演技には物凄く感情を移入してしまうんですよね。
dear wendyにも彼は出演してるんですが、この作品はジャンパーにも出演していた
ジェイミーベルも出てます。実力ある若手俳優です本当に。

話がそれましたが、このロードオブドッグタウン
エミール・ハーシュに今話題のダークナイトで悪役としての評価を得ながらも
この世を去ったヒース・レジャーも出演しています。

Z-BOYZの青春を追った作品で非常に見応えのある作品です。

エミールハーシュの演技もすごいんですが
マイケル・アンガラーノとヒース・レジャーの演技も是非見てほしいです。

何かとマイナーな映画に位置づけされてますが
スケボーをしたことない人でも面白く見れる映画です。

おすすめです。




ドラゴンキングダム 感想
ドラゴンキングダム見てきました。
感想としては、ワイヤーアクションが派手すぎて
ジャッキーファンはがっかりするかもしれないですが
やはりジェットリーとジャッキーチェンの絡みは最高です。

さらにジャッキーファンがたまらないのは
このストーリーではジャッキーが酔拳を使うところなんですよね。
監督にそこだけはよかった!と言いたいです。

ただ、なんとも敵役が魔法とか使いすぎで
がっかりする部分もあります。

あとは主人公を見て・・・あれ??と思う部分が
ロードオブドッグタウンで見た顔が・・・

そう、ロードオブドッグタウンで最終的には病気で亡くなっちゃうキャラを演じてたあの彼です。マイケルアンガラーノです。

エミールハーシュといいマイケルアンガラーノといい、ロードオブドッグタウン繋がりで最近よく見る顔が見れて満足でした。

ストーリーとかワイヤーアクションとかがっかり部分を差し引いてファン的な採点でいくと99点です

客観的に採点すると48点くらいの映画でした。




2008年08月16日(Sat)▲ページの先頭へ
体術・アクロバット・空手・体操の神技動画
体術・アクロバット・空手・体操の神技動画


この手の動画で一番有名なのってこの子の動画だと思います
無重力のように飛び跳ね難易度の高いアクロバットを決める彼
ブレイクダンスなどのシーンからも注目されていた動画です。
単純にかっこいいという言葉しか出てこない動画です。
おすすめです。

ニュースもたまには


2008年08月15日(Fri)▲ページの先頭へ
動物、面白動画ハプニング動画
動物の動画、非常にシュールです


画質が少々荒いですが
今日は何しよう・・・ぼけーっとしよう・・・
そう思った人はぼけーっと何も考えずに見て下さい。
いつの間にか動画がおわってるはずです。
そんな映像ばかりを集めた動画集です。


2008年08月14日(Thu)▲ページの先頭へ
バスケのスーパープレイ テクニック集
バスケとりあえず最初に見ろ!スーパープレイ テクニック集


バスケのスーパープレイ動画集。
やはり公式バスケにはない華やかさが
ストリートバスケでは見れますね。
バスケットが好きな人は是非見てください。




2008年08月13日(Wed)▲ページの先頭へ
映画『ハンコック』
映画を見に行く予定の方は予告動画を見ないことをおすすめします



強大な力を持つヒーロー、ハンコック(ウィル・スミス)だが、酒好きでキレやすく市民には歓迎されていない。ある日、事故を防ぐために電車をエルボーで止めたハンコック。
このときに助けられたPRマンのレイ(ジェイソン・ベイツマン)は、嫌われ者のハンコックに真のヒーローになってもらうべくさまざまな戦略を練るが……。(シネマトゥデイ)

公式サイト



[紹介]
いかにもアメリカライクなストーリーぽいですね。
ヒーローの苦悩を描いたりヒーローに欠落している部分があったりと
個人的には見にいくか非常に迷っております。
なんというか、映画の評価自体もけっこう低いものが多いんですが
それを差し引き0で考えても見たい気持ちと見たくない気持ちが半分半分くらいです。

どうもカメラワークが最悪てのと
映画終盤の設定が無理やりすぎるとの評価をよく見ます。
予告編を見て詰め込みすぎてる感じがあるので
終盤はしょうがないでしょとの個人的な意見もありますが
なんにせよ、DVDでいいかなと思ってる映画です。

予告編は映画の見所の8割くらいが入ってるみたいなので
映画館で見るとがっかりしちゃうみたいですよ





2008年08月12日(Tue)▲ページの先頭へ
映画 『ドラゴンボール』 予告動画




公式トレーラーは中盤から流れるのですが
予告だというのに俳優ほとんど映ってません。
そこから伝わってくるのはもはや別映画。
アニメを期待して見にいくときっとショックを受ける内容になりそうですし
一つの別の映画と思いながら見にいくのが良いかもしれませんね。


2008年08月11日(Mon)▲ページの先頭へ
俳優バーニー・マック50歳の若さで死去


シカゴ──米黒人コメディアンで俳優のバーニー・マック氏が9日午前、肺炎のため入院先のシカゴの病院で死去した。50歳だった。関係者がロサンゼルスで発表した。


肺に腫瘍ができるサルコイドーシスを患い、2005年に寛解していたが「肺炎との関連性はない」(関係者)という。

バーニー・マックは映画界でも活躍し、「オーシャンズ11」(01)と続編2本、「バッドサンタ」(03)、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」(03)、 「ゲス・フー/招かれざる恋人」(05)、「トランスフォーマー」(07)に出演した。


先月開かれたバラク・オバマ上院議員(民主党)の大統領選資金集めパーティーには、サプライズゲストとして登場した。

記事内容



[感想]
これからというときに50という若さで亡くなってしまいましたね。
ご冥福をお祈りいたします。



2008年08月09日(Sat)▲ページの先頭へ
崖の上のポニョ


見てきたわけですが、ほのぼのという言葉しか出ない映画でした。
僕はこの世界観大好きです。
20分たつまでポニョが人面魚というつっこみもなく
金魚で通るのんびりした世界です。

ただ、いつもの宮崎アニメと違い
どうもキャラへの思いいれとかが弱いような・・・
キャラクターの個別エピソードみたいな紹介部分が曖昧かなと思いました。

あくまでも児童むけに作るとなると
そうなんだろうな。と自分で見ながら色々と想像できる映画です。

今までの作品と比べるとあまりよくない映画かもしれません。
ただ、今までの映画と比べてほしくない映画だと僕個人は思いました。

よかったですよほんとに。

映画館で見るのはおすすめしませんが




2008年08月08日(Fri)▲ページの先頭へ
インラインでオフシーズンのウォータースライダーで遊ぼう!
物凄いです。
ウォータースライダーをインラインスケートで滑っていく動画ですが
某ゲームに似た感じの実写版で非常にかっこいい動画です。




2008年08月07日(Thu)▲ページの先頭へ
ティム・バートン監督版『不思議の国のアリス』にジョニー・デップ出演か?
[シネマトゥデイ映画ニュース] ティム・バートン監督作品に欠かせない役者といえばジョニー・デップだが、デップが再びバートン監督映画へ出演するかもしれない。イギリスのザ・サン紙が伝えたところによると、バートン監督とウォルト・ディズニー・ピクチャーズによって映画化されるルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」へデップが出演するかもしれないそうだ。デップの役柄は、三月ウサギの庭園で催されるお茶会に登場するいかれ帽子屋役だ。デップの出演が実現すれば、『シザーハンズ』、『エド・ウッド』、『スリーピー・ホロウ』、『ティム・バートンのコープスブライド』、『チャーリーとチョコレート工場』、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』に続く、バートン監督との7度目タッグとなる。

 本作は、『ベオウルフ』のようにモーションキャプチャー・アニメーションと実写を融合させて3D映画化するもので、主人公のアリス役にはオーストラリア出身の若手女優ミア・ワシコウスカが出演交渉中だ。脚本は『ライオン・キング』のリンダ・ウールヴァートンが手掛け、撮影は11月から開始され、2010年夏の全米公開を予定している


[紹介]
いやはや、楽しみですが
残酷すぎる描写は少し裂けてほしい限りです。
ティムバートンに何言ってんだって感じですが


2008年08月06日(Wed)▲ページの先頭へ
交通事故で重体だったモーガン・フリーマン、順調な回復!
[シネマトゥデイ映画ニュース] 交通事故発生当初「深刻な容態」という病院側の発表で心配されたモーガン・フリーマンだが、その後安定した状態であることが発表された。

 モーガンのスポークスマンは「モーガンは腕、ひじを骨折、肩に軽症を負っているが、元気にしている」として、今日、明日中にも骨折箇所などを手術する予定であること、順調な回復が期待されること、モーガンのコメントとして「大丈夫。早くすっかり良くなりたい」と発表した。

 また、ミシシッピー・ハイウェイ・パトロールのスポークスマンは、ドラッグやアルコールがかかわっている形跡はないことと、モーガンと同乗者の女性ともシートベルトを着用していたことを発表している。

 事故直後には意識もあり、カメラを向けた人に対し「タダじゃだめだよ、タダじゃ」とジョークを飛ばしていたことも、地元紙編集者クレイ・マクファーレンの目撃情報として伝えられている。

記事全文


心配かけてんじゃねぇよジジィ・・・
本当によかったです。
こんなことでなくなってほしくない役者さんでした。




[ショック映像]クロコダイルアタック
ショッキング映像なので見たくない方は見ないで下さい。
youtubeなのでゆるいとは思いますが、それでも見ることをおすすめしません。





[感想]
水族館か動物園でのワンシーン
いきなりワニに腕をかまれた飼育員。
デスロールシーンが一瞬だけうつりますが
デスロール・・・いつ見ても怖いです


2008年08月05日(Tue)▲ページの先頭へ
モーガン・フリーマン交通事故で大けがを負って重体
[シネマトゥデイ映画ニュース] モーガン・フリーマンが交通事故で大けがを負って重体に陥っている。目撃者によると、モーガンの車が数回、回転してようやく道の脇に止まる大事故で、大破した車を切断して助け出された同乗者の女性とモーガンはヘリコプターで病院まで運ばれた。

 事故が起こったのは、アメリカのミシシッピーで現地の日曜深夜11時半ごろ、モーガンの自宅まであとわずかという高速道路上。収容された病院のスポークスマンによるとモーガンは「深刻な容体」ということ。





重傷ではなく重体となると心配です。
こういう事故では絶対に亡くならないでほしいです。
本当に心から回復願ってます。

記事
記事全文


2008年08月04日(Mon)▲ページの先頭へ
映画 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』


あらすじ〜
物語は我々の世界に良く似てはいるが、人間には誰もが分身ともいえる動物「ダイモン」がついており、魔女やよろいグマなどが住んでいる世界から始まる。オックスフォード大学のジョーダン学寮に住むライラの周りで、子どもたちが連れ去られる事件が相次ぐ。ゴブラーという組織が北極で子ども達を何かの実験に使っているという噂。ライラの親友ロジャーもさらわれ、叔父のアスリエル卿も失踪する。ライラと彼女のダイモンのパンタライモンは、船上生活者ジプシャンたちとともに、ロジャーやその他の失踪した子どもたちや、アスリエル卿を救出するために、学寮長から渡された「真理計(アレシオメーター)」を手に、北極へと旅立つ。
(wikiより引用)

感想〜
機会があり、DVDで先日見た映画がこれ
基本的に壮大なスケールで描かれた映画で
紀元前みたいな感じに簡単に見れる映画でしたが
真剣に見ると奥も深そうな気がします。

映像も綺麗で男の子が好きそうな映画でもあり
女の子も楽しめそうな映画です。児童向け小説ですが宗教的な部分も組み込まれており
大人も楽しく観れると思いますが・・・その宗教的な部分のせいで
次回作が未だ未定になっているんですよね。





2008年08月02日(Sat)▲ページの先頭へ
動物おもしろムービー*ハプニング集
動物おもしろムービー*ハプニング集★


現在見たい映画はほぼ紹介できたので
動物のハプニング映像、面白動画を貼っておきます。
逆立ちするリスがなんとも言えないかわいさ
見てて和む動画です。


2008年08月01日(Fri)▲ページの先頭へ
映画『Into the Wild』

[あらすじ]
1992年4月、一人の青年がアラスカ山脈の北麓、住む者のいない荒野へ歩いて分け入っていった。4か月後、ハンターたちによって、彼はうち捨てられたバスの車体の中で、寝袋にくるまり餓死している状態で発見される。青年の名はクリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)。ヴァージニアの裕福な家庭に育ち、2年前に大学を優秀な成績で卒業したばかりの若者だった。全財産を捨て、労働とヒッチハイクを繰り返しながら、アラスカへと旅立ったクリス。なぜ彼は、恵まれた環境にいながら、悲惨な最期を遂げたのか…? ジョン・クラカワー原作のベストセラーを、ショーン・ペンが映画化。
公式サイト



[感想]
ストーリーが間違いなくすごいはずなんですよねこれ
登山家ジョン・クラカワーの「荒野へ」を映画化でしたっけ。
内容は相当ダークだと思います。
でも、僕の中ではリバーランズスルーイットばりに見たい映画。
18キロも減量したエミールハーシュ・・・期待せざるを得ない作品です。
ただ、あまり大きな映画館では公開しないのかな・・





   











新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年8月
         
           

アーカイブ
2008年 (194)
5月 (6)
6月 (23)
7月 (26)
8月 (30)
9月 (24)
10月 (28)
11月 (29)
12月 (28)
2009年 (237)
1月 (37)
2月 (27)
3月 (32)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (18)
7月 (18)
8月 (17)
9月 (8)
10月 (8)
11月 (8)
12月 (9)
2010年 (69)
1月 (8)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (6)
2012年 (35)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (19)
1月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (1)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (8)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (2)
2015年 (2)
7月 (1)
9月 (1)
2016年 (4)
3月 (1)
4月 (2)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:120
昨日:163
累計:1,779,738